ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
待ちに待った新車! でも、この独特のニオイをなんとかしたい
出典 : LDWYTN/Shutterstock.com

待ちに待った新車! でも、この独特のニオイをなんとかしたい

新車に乗るのって、ワクワクしますよね。うれしくて毎日乗りたくなる人も多いのではないでしょうか? ただ、一つ気になるのが、新車独特のニオイです。ドライブ中は、窓を開けてニオイを逃がしたいけれど、冬は寒いからちょっと無理…。そこで、おすすめの消臭方法を紹介します。

  • abe

新車のニオイの原因は?

新車のニオイの原因は?

sylv1rob1 / Shutterstock.com

独特のニオイの原因は、化学物質かもしれません。化学物質は、車の内装に使われている接着剤やゴム、ウレタンなどに含まれており、車全体では200種類以上も使われているそうです。これらの物質が混ざりあい、あの新車独特のニオイが発生するのです。シートのクッションに利用されているウレタンのニオイは、使っているうちに抜けてしまいますが、化学物質のニオイは、新車の場合、3~6か月は残るといわれています。

車内で化学物質のニオイを吸いこむことで、シックカー症候群になる人もいます。具体的な症状は、ひどいクシャミや鼻づまり、頭痛、気分が悪い、吐き気、眠くなるなど。乗車中に、これらの症状が表れた時は、シックカー症候群かもしれません。また、運転者の体調が悪くなった時は、大きな事故につながりかねません。早めに対処するようにしましょう。

基本は「空気の入れ替え」

基本は「空気の入れ替え」

Pongsak A/ Shutterstock.com

まずは、空気の入れ替えです。天気のいい日には、窓をすべて開けて、空気を入れ替えるようにしましょう。しばらく続けると、ニオイの原因物質を減らすことができます。この時、エアコンの送風を合わせると、さらに効果的です。

車内を水拭きしよう

ぬるま湯に浸して固く絞ったタオルで内装を拭くのもおすすめ。窓やハンドル、天井、ダッシュボード、ドアなど拭く部分はたくさんありますが、ていねいに行えば、その分消臭効果を感じられるはず。天気が良く、時間のある日にぜひやってみてください。

車用消臭剤を使おう

ニオイケアに重宝するのが、車用消臭剤。スプレータイプやエアコン取り付けタイプ、置き型タイプなど、様々なタイプの消臭剤があります。シートに染みついたニオイにはスプレータイプ、車内全体をしっかりと消臭するならエアコン取り付けタイプ、さりげなく消臭したいならシート下に置き型…と、自分の好みやニーズに合わせて選ぶとよいでしょう。香りの強度を調節できるものであれば、さらにおすすめです。

せっかくのドライブを、新車独特のニオイで台無しにしたくないもの。定期的に換気しながら、天気のいい日に拭き掃除をして、快適な空間にしましょう。