ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車内がなんだかクサイ…もしかして、フロアマットのニオイ?
出典 : sushinan/Shutterstock.com

車内がなんだかクサイ…もしかして、フロアマットのニオイ?

習い事や週末のレジャーに送り迎え…と、毎日車が大活躍。気になるのは、車内に漂うニオイです。もしかしたら、フロアマットのニオイが原因かもしれません。洗車はするけど、フロアマットはそのままということありませんか? 車内を快適な空間にするためにも、しっかりお手入れしましょう。

  • abe

ニオイの正体はフロアマット?

ニオイの正体はフロアマット?

photosthai/ Shutterstock.com

フロアマットは、大きく分けて布製、ゴムまたはプラスチック製の2つ。布製だと高級感はありますが、ゴミが繊維の間に挟まって取りづらく、水洗いすると乾くのに時間がかかってしまうという欠点があります。一方、ゴムやプラスチックだと、高級感では劣るものの、メンテナンスは至って簡単。軽い汚れだと、ウェットティッシュで拭くだけでもOKです。自分の好みやライフスタイルに合ったものを選びましょう。

替えのマットが一枚あると、洗濯できない時にも重宝します。お手入れが楽になるのは、消臭加工されている布製マットや抗菌性のゴム製マット。フロアマットは、一見汚れが目立たなくても、じつは、靴底の泥や食べこぼしなどで汚れています。ダニの死骸やホコリも付着しているので、衛生面でも心配ですね。さらに雨の日は、生乾きの状態になるので、悪臭の原因にもなります。

フロアマットのお手入れ

フロアマットのお手入れ

kostastudio/ Shutterstock.com

フロアマットを取り外して洗う

天気のいい日は、フロアマットを洗うチャンスです。まず、マットを取り外し、掃除機などでゴミを吸い取ってください。この時、マット下のフロアにも掃除機がけを忘れずに。マットを洗う際に用意するものは、中性洗剤と洗車用ブラシ。この2つを使って、汚れをかきだすようにして洗いましょう。汚れが明らかにひどい箇所は、やわらかいタオルでトントンと叩くようにして、拭き取ります。

水ですすぐ時は、柔軟剤を入れると、ごわごわするのを防ぐことができます。仕上げに、風通しのいい場所でしっかりと乾かしてください。ポイントは、日陰干しで斜めに干すこと。色褪せを防ぐだけでなく、水切れが良くなって早く乾くので、おすすめ。半乾きだとかえってニオイの原因になるので、気をつけましょう。

掃除の仕上げに車用消臭剤

掃除の仕上げにプラスしたいのが、車用消臭剤です。消臭効果の高い消臭・芳香剤を使えば、車内にこもったニオイをスッキリと消臭でき、同時に、さわやかな香りを充満させて、いつもとは違う快適な空間を演出することができます。さらに、ワンタッチで簡単に装着できるものや、香りの強さを調整できるものであれば、使いやすくて便利です。

フロアマットは目につく部分なので、いつもキレイにしておきたいもの。こまめな掃除と消臭剤のダブルケアで、車内をいつも快適な空間にしましょう。