ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ランチは自炊派。でも保温バッグの外は布、中はアルミ…どうやって洗うの?
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

ランチは自炊派。でも保温バッグの外は布、中はアルミ…どうやって洗うの?

栄養的にも、経済的にもランチは自炊が一番ですよね。可愛い柄の保温バッグを買ったけど、表面は布で、中はアルミで出来ています。これって、どうやって洗うの?

  • tama

ランチバッグは汚れやニオイが付きやすい

毎日のように持ち歩くランチバッグは、汚れやニオイが付きやすいのが難点。内側は弁当のシミ、外側は、汗や手垢、食べこぼしなどで汚れがちに。そのまま何もせずに放置したら、雑菌が繁殖して、ニオイを発生させることになります。

中と外で洗い方を変える

中のアルミ素材には、除菌シートが便利です。直接弁当箱が触れる部分なので、手指用の除菌シートやウェットティッシュなどがおすすめです。隅々まで拭いたら、乾いた布などで水分を拭き取り、その後バッグの口を開けたまま放置して、自然乾燥させてください。アルミ素材は汚れを拭き取りやすいので、毎日の習慣にすると染みつきの予防にもなります。

外側の布部分のシミや汚れには、布用のシミ取りシートが便利です。水で濡らして固く絞った布でも代用可能。汚れを浮き出すように、トントンと叩いて除去しましょう。消臭には布用の除菌・消臭スプレーが効果的。バッグの両面に各2、3回程度スプレーして、自然乾燥させればOKです。日光消毒以上の除菌・消臭効果を発揮するものや、無香料タイプのものも市販されているので、お弁当を入れるバックにはぴったりですね。

これでニオイもすっきり。保温バッグが清潔なら、ランチがもっと楽しくなるかも。