ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
一人暮らしのマンションは日当たりが悪くて布団が干せない…。解決法は?
出典 : William Potter/Shutterstock.com

一人暮らしのマンションは日当たりが悪くて布団が干せない…。解決法は?

一人暮らしのマンションは、駅近くが条件で選んだから日当たりが悪い。便利だから仕方がないけれど、布団は干せません。でも、毎日寝る布団はキレイなほうがいいに決まっています。丸洗いしたり、天日干ししたりしなくても、除菌や消臭は可能なのでしょうか。

  • tama

布団のニオイの原因

毎日寝る布団は、かなりの量の汗を吸っています。人が寝ている間にかく汗の量はコップ1~2杯分といわれており、この量の水分が毎晩布団に吸収されているとなると、布団は湿気だらけ。そのまま何もしなければ、雑菌が繁殖してニオイの原因になっている可能性があります。

洗濯や天日干し以外で消臭するには

布団は乾燥させるだけでも、雑菌の繁殖を軽減できますから、シーツを外したり、ベッドの手すりにかけて通気性をよくしたり、扇風機の風をあてたりするだけでも違います。日々のちょっとしたひと手間を加えることで、ニオイを抑えることができるのです。

布団のフケやホコリを吸い取る

布団のフケやホコリを吸い取る

FotoDuets/ Shutterstock.com

まず、布団に付着している髪の毛やフケ、ホコリなどを掃除機で吸い取ります。布団専用のノズルを使えば、より効率よく吸い取ることができます。専用のノズルがない場合は、ヘッド部分にストッキングを被せると、吸引力が分散して吸い取りやすくなります。また、掃除用の粘着シートでコロコロして、取り切れなかった髪の毛やゴミなどをきれいにしましょう。

乾燥機を使って、乾燥・滅菌する

乾燥機を使って、乾燥・滅菌する

photographyfirm/ Shutterstock.com

最近では、自宅に乾燥機付きの洗濯機を置く人も増えました。タオルケットや枕、カバー類であれば、簡単に乾燥、滅菌することができます。また、布団乾燥機を使えば、布団を敷いたままの状態で、布団に潜む雑菌や湿気を滅菌、蒸発できるので、洗濯や天日干しが難しい環境にいる人は、思い切って購入してみるのも一つです。とくに寒い冬は、ふかふかな布団で眠ることができるので、とても魅力的です。

消臭スプレーでスッキリ

もっとも簡単なのは、除菌タイプの布用消臭スプレーです。なかにはニオイの原因菌を99.9%除菌できるものや日光消毒以上の消臭効果が認められたスプレーもあるので、洗濯や天日干しができない環境にはぴったりのアイテムといえるでしょう。布団であれば、表面全体がしっとりするくらい、20回程度を目安にスプレーして、しっかり乾燥させれば、気になる雑菌もニオイもスッキリさせることができます。

朝、起床時に布団を整えて、スプレーをしてから出かければ、帰宅後にはスッキリ! そのまま気持ちよく眠れます。忙しい人は、ぜひ試してみてください。