ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
頻繁に使う車。いろいろな人を乗せるから、帰りにニオイが混ざって…
出典 : Kinga/Shutterstock.com

頻繁に使う車。いろいろな人を乗せるから、帰りにニオイが混ざって…

普段から頻繁に車を使っていると、送ってあげたり、お迎えしたり…多くの人を乗せます。帰る頃にはいろいろなニオイが混ざって複雑に。次の日までにはスッキリしたいけれど、車の消臭って、どうしたらいいの?

  • tama

車内は様々なニオイが混ざる

車がおもな移動手段になっていると、パパや子どもを送ったり、ママ友を乗せたり、仕事場の同僚や偶然会った後輩を乗せたり…と大忙し。車の中は、汗や体臭、香水、食べ物などが混ざったニオイで臭くなりがちです。毎日使う車だから、快適な空間にするためにも、このニオイを何とかしたいところです。

車内の掃除でクリーンに

車内の掃除でクリーンに

Simon Kadula/ Shutterstock.com

まずは掃除機をかけるようにしましょう。頻繁に人が乗り降りする車は、気がつかないうちにゴミやホコリ、髪の毛やお菓子のクズ、靴に付いた泥などが溜まっています。そのまま放置しておくと、イヤなニオイの原因になってしまいます。きちんと吸い取って、清潔にしておきましょう。

次に拭き掃除。ハンドルやダッシュボード等の手で触れる場所は、手アカや皮脂が付着しています。これが知らず知らずに溜まって行き、雑菌が繁殖して、ニオイの原因になることも。濡らした布を絞って拭いてもいいですが、使い捨ての除菌シートや厚手のウェットティッシュが手軽で便利。くまなく拭いたらそのままポイで終わりです。

ニオイ対策で車内を快適な空間に

車内の清掃が終わったら、消臭です。まずは、換気をしましょう。窓を全開にして、ニオイや湿気を追い出します。この時、エアコンの送風を合わせると、空気が循環しやすくなります。また、湿気対策は、ニオイの元になる雑菌対策にもなるため、消臭の基本として習慣化しましょう。

備長炭の脱臭効果を利用する

備長炭の脱臭効果を利用する

sajinnamu / Shutterstock.com

炭には脱臭効果や空気をきれいに保つ働きがあるため、通気性のある袋などに入れて車内に置いておくだけで、ニオイ対策になります。脱臭効果は、3日ほどで弱まるものもありますが、天日干しすることによって回復するため、繰り返し使うことが出来ます。

芳香剤で車内を演出する

芳香剤で車内を演出する

wasanajai/ Shutterstock.com

車用の芳香剤を置くのも、車内を快適に保つワザのひとつです。市販のつるすタイプのものや、ドライフラワーなどを置くのもよいでしょう。見た目にかわいらしいラッピングをしておけば、見る人を楽しませることも出来ます。効果が無くなってきたら、交換していろいろな香りを楽しむことも出来るのでおすすめです。

消臭と芳香を同時に行う

車のエアコン部分に装着出来る消臭剤は、手軽で効果が高いのでおすすめです。ファブリーズの「車のエアコン用イージークリップ」は、コンパクトな見た目で、車の装飾をじゃませずに使い方も簡単。ワンタッチで装着出来るクリップタイプで、芳香の量をダイヤルで調節出来るのもポイントです。

香りは約30日間持続し、種類も豊富。また、100%香料オイルで出来ているので、体臭・食品・ペットなどのニオイに働きかけ、さわやかな香りで車内を満たしてくれます。頻繁に車を使うならおすすめのアイテムです。

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ