ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
引っ越し後、しばらく開けなかった段ボール。ぬいぐるみが臭っちゃった…
出典 : pterwort/Shutterstock.com

引っ越し後、しばらく開けなかった段ボール。ぬいぐるみが臭っちゃった…

ばたばたと引っ越しした時は、使用頻度の低い箱はすぐに開けず、後回しにすることがありますよね。しばらくしてから開けてみると、こどもが大切にしていたぬいぐるみが出てきた!! でも、密閉されていたから何だかクサイ。このままじゃかわいそうだから、消臭したい!!

  • tama

ぬいぐるみが臭う原因

飾られているぬいぐるみには、ホコリや湿気が溜まっています。また、子どもが遊んだり、一緒に寝たりしていると、皮脂や汗なども吸収しています。これらを放置すると、雑菌が繁殖してニオイを発生させてしまうのです。引っ越しなどでそのまま段ボールに入れ、しばらく密閉してしまうと、さらにニオイがこもってしまう可能性があります。

ぬいぐるみのクリーニング法

ぬいぐるみを洗う時は、ぬるま湯に洗剤を溶かして、やさしく押し洗いをします。汚れが浮いてきたら、数回お湯をかえ洗剤を洗い流し、洗剤が落ちたらバスタオルでくるんで水分を取ってから乾かします。でも、これがけっこう手間。水洗い以外の方法で、ニオイを落とす方法はあるのでしょうか。

まずホコリを払う

ぬいぐるみの消臭をする前に、まずはホコリを払ってあげましょう。屋外で軽くパンパンと叩いて、ホコリを落とします。その後、掃除機でていねいに吸い取ればOK。形が崩れないように、やさしく行うのがポイントです。

風と太陽の力を利用する

風と太陽の力を利用する

Nerksi/ Shutterstock.com

風通しのよいところに干しておくだけでも、ニオイの成分を飛ばすことができます。また、太陽の光に当てることで、雑菌や湿気が減り、ニオイを消すことができます。国立衛生試験所の研究では、日光の殺菌効果で、大腸菌などを99%以上減らすことができたという事例もあるくらいですから、その効果は確かでしょう。

重曹と共に放置する

重曹と共に放置する

BK0808/ Shutterstock.com

ビニール袋の中に重曹(大さじ1程度)とぬいぐるみを一緒に入れて、放置する方法があります。ビニール袋をよく振って、重曹を十分に行き渡らせ、1日程放置します。その後、掃除機でぬいぐるみの重曹の粉をきれいに吸い取ればOKです。消臭効果が不十分な場合は、これを何度か繰り返すことで、徐々にニオイは無くなって行きます。

消臭スプレーを使う

手軽に出来ておすすめなのは、布用の消臭スプレーです。洗いにくいぬいぐるみのように、凹凸のあるものでも、スプレーをするだけですから、簡単にケアが出来ます。ぬいぐるみの大きさに合わせて、3~5回スプレーし、そのまま自然に乾燥させるだけで、簡単に消臭できます。除菌力の高いスプレーを使うと、さらに消臭効果がアップします。