ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
展示品カーペットを安く購入。使う前に清潔にしたい
出典 : fizkes/Shutterstock.com

展示品カーペットを安く購入。使う前に清潔にしたい

引っ越しは、わくわくするけどお金もかかります。いろいろ新しくしたいけれど、経済的に難しい面も。家具屋を覗いたら、現品限りの温かそうなカーペットを発見!! ラッキーだけど、見本品だからたくさんの人が触っていますよね。このまま使うのは、ちょっと気になります…。

  • tama

展示品は雑菌が付いている

展示品は雑菌が付いている

Napas I Am/ Shutterstock.com

展示品のカーペットは、感触を確かめるために様々な人が触れています。その手には、目に見えない雑菌がたくさん。さらに、皮脂や手アカなども付着するので、ニオイの原因になっているかもしれません。新品のカーペットでも、消臭や除菌をしてから使いたいものです。

布製カーペットの消臭方法

布製カーペットの除菌・消臭方法として、今回は手軽にできるスプレーをいくつか紹介します。まず、スプレーの前に、カーペットを掃除しましょう。展示中に付いたホコリやゴミを掃除機で吸い取ります。プラスして粘着シートも使うと、掃除機で取り切れなかったゴミなどを吸着・除去できます。さらに余力があれば、お湯で湿らせた布などで表面を軽く拭きましょう。掃除が完了したら、いよいよ除菌・消臭です。

クエン酸を溶かしてスプレーを作る

クエン酸を溶かしてスプレーを作る

Phil McDonald/ Shutterstock.com

薬局や百均などで市販されているクエン酸の粉末小さじ2分の1と水100mlを混ぜ合わせ、スプレーボトルに入れます。これをカーペットにまんべんなく吹きかけて、その後お湯などで濡らした布で拭き取ります。この時、余分な水分を残さないように、固く絞って拭きましょう。後は自然乾燥させるだけです。

酢を水で薄めてスプレーを作る

水で2~3倍に薄めた酢を、カーペット全体にスプレーをする方法があります。酢には殺菌作用があるため、ニオイの原因となる雑菌を予防することが出来ます。スプレーした後は、乾いた布で水気をやさしく拭き取ってください。使用する酢は、アルコールから作られている無色透明のものがおすすめ。糖分などが入っているタイプは、ベタつきやシミの原因になりますので使用を避けてください。

市販の除菌・消臭スプレーを使う

市販の除菌・消臭スプレーの中には、ニオイの原因菌を99.9%除菌できるものもあります。スプレーの目安は、カーペット1畳に対して約20回。その後風通しのいい場所で放置し、自然乾燥させてください。それだけで簡単に除菌と消臭ができるので、おすすめです。どのスプレーも、必ず最後にしっかり乾燥させるのがポイントです。

せっかく手に入れたラッキーなカーペット、清潔にして快適な新生活を送ってくださいね!!