ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
床や壁からはじめよう! トイレの消臭
出典 : Prasit Rodphan /Shutterstock.com

床や壁からはじめよう! トイレの消臭

子育てが一段落し、少し時間にも気持ちにも余裕が出てくると、ふと、じつは夫にも手がかかることに気がつくかもしれません。その代表がトイレです。男性がいるとどうしてもおしっこがハネて飛び散り、便器の周りだけでなく、床や壁にも付着しています。トイレをいつも気分良く使うためには、どんなところに気をつければ良いのでしょうか。

  • 渡邊公子

ホコリや髪の毛が多いのでまずは掃除機を

ホコリや髪の毛が多いのでまずは掃除機を

sergiophoto/ Shutterstock.com

トイレは1日に何度も使うため、意外にホコリや髪の毛などがたまりやすい場所です。床を拭く前に、まずは掃除機をしっかりかけておきましょう。狭い場所ですから、小回りが利くハンディタイプの掃除機でもいいですし、普通の掃除機の場合はノズルを細いタイプに交換すると作業しやすくなります。床だけでなく、ついでにパイプのつなぎ目部分にたまるホコリも吸い取ってしまいましょう。

ニオイは壁と床からやってくる?!

ニオイは壁と床からやってくる?!

Maryna Pleshkun/ Shutterstock.com

トイレが臭う時は、意外と床や壁が原因ということが多いものです。便器はまめに掃除をしているけれど、床や壁の掃除はしていない人が多いのではないでしょうか。男性がいる場合は、まめな掃除を心がけることが大切です。床は水だけでなく、クエン酸や酢を薄めたものを利用すると除菌効果があります。吹きかけて拭き取るだけでニオイが気にならなくなります。

タンクの手洗いは、酢水や薄めたクエン酸で

タンクの手洗いは、酢水や薄めたクエン酸で

Art_man/ Shutterstock.com

トイレのタンクの手洗い部分は時間が経つと、水アカやザラザラした縞模様ができてきてしまうものです。中性洗剤をかけてスポンジでこすってもなかなか取れません。これはホコリとカルキが結合したものです。アルカリ性の汚れなので酢水や薄めたクエン酸をスプレーし、ティッシュパックしておきます。その後、1時間ほど置いておきましょう。ティッシュを取り除き、スポンジ等でこすり洗いすればきれいになります。

また、手洗い部分だけでなく、ついでにタンク周辺も拭いておくと、より清潔に。よく見ると床だけでなく、タンクの給水管、手洗管、便器の裏などいろいろなところにホコリがたまっているので、細かな部分はハケやブラシで落としながら掃除機で吸い取った後、一緒にさっと拭いておくときれいになります。

黒ずんだカビは漂白剤で、ニオイは消臭スプレーで退治!

黒ずんだカビは漂白剤で、ニオイは消臭スプレーで退治!

Mayuree Moonhirun/ Shutterstock.com

トイレの床や壁の黒ずみはカビです。とくに、濡れたマットを長時間そのままにしておくと、マットだけでなく床までカビてしまうことがあるので注意が必要です。黒カビを見つけたら、塩素系漂白剤を10倍ほどに薄めてスポンジで塗り、10分くらい置いてからよく水拭きします。漂白剤を使う時は、必ずゴム手袋を使いましょう。ただ、変色の可能性があるので、まずは目立たないところで試してみてから行うようにしてください。

また、カビが生えてしまうということは、換気不足という証拠。窓があれば、ときどき全開にして換気を行います。窓がない場合は、換気扇をこまめに回して、湿気がこもらないように気をつけ、カビを予防しましょう。マットやトイレカバーを濡れたまま放置しないのはもちろんのこと、まめに洗うことが大切です。

ただ、すぐに洗えないこともあるので、そんな時は除菌・消臭スプレーをシュッと5回ほど吹きかけることで、布製品に付着したイヤなニオイを消すことができます。「ファブリーズダブル除菌」なら、洗濯と同レベルの除菌・消臭効果があるので、毎日の掃除にちょっとプラスするだけで強い味方になってくれます。
トイレを家族全員で心地よく使うためにも、ぜひ、清潔で居心地良い場所にしてくださいね!

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー