ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
浴室に漂うイヤなニオイを撃退!
出典 : takayuki/Shutterstock.com

浴室に漂うイヤなニオイを撃退!

子育てが一段落しても、朝から晩まで何かとママは忙しいものです。一日の終わりにお風呂に浸かれば、疲れもスーッと抜けていくことでしょう。ところが、お風呂に入った途端にイヤなニオイが漂ってきたら、よけい疲れてしまいますよね。お風呂が臭う時の対策はどうしたらいいのでしょうか。

  • 渡邊公子

水アカやカビがつきやすい浴室

水アカやカビがつきやすい浴室

ben bryant/ Shutterstock.com

お風呂で使うボディソープやシャンプーからは石けんカスが、また肌から落ちた皮脂、そして水を使うことによって水アカが出ます。これらが混じり合うと湯アカやカビがつきやすくなり、ニオイの原因となります。とくに、排水口が汚れたままだと、パイプが詰まってしまいニオイが出やすくなるので注意が必要です。

汚れやニオイはこうして撃退

排水口のニオイを取る

排水口のニオイを取る

akocharm/ Shutterstock.com

排水口の髪の毛などのゴミを取り、受け皿やフタを外します。そこに重曹を振りかけ、広い部分はスポンジを、細かい部分は使い古しの歯ブラシを使ってこすり洗いします。ニオイがひどい時は、重曹1カップとクエン酸水(水200mlにクエン酸小さじ1が目安)1カップを排水口に振りかけておきます。

最低1,2時間、できれば一晩置いておくとより効果があります。入れるとすぐに泡が出てくるので、汚れた部分に泡をつけるようにするときれいに落ちます。時間を置いたら重曹が残らないようにお湯で洗い流せば、ニオイもすっきりです。

カビ臭くなるドア周辺

浴室のドアは見逃しやすい部分です。とくに、ドア下のゴムパッキンは気がつくと黒カビだらけになってしまっていることがあります。排水口と同様に重曹とクエン酸の組み合わせで行います。しばらく置いて汚れが浮いてきたら、古歯ブラシでやさしくこすって流すだけです。

ただ、カビで真っ黒になっている時は、ゴムパッキン用のカビ取り剤が売っていますので、それを使うといいでしょう。きれいに落としたら、お酢を10倍に薄めたもの、またはクエン酸水を吹きかけておくと防カビ効果になります。ただし、塩素系のものと酸性のものを同時に使用すると有毒ガスが発生することがありますので、製品の説明書きを確認してから行ってください。

布製品は、こまめな洗濯と除菌スプレー

お風呂から出た後はホッとして、どうしてもバスマットの手入れは忘れがち。敷きっぱなしのまま家族全員で使っているうちに、気がついたら床までカビがきていたということも珍しくありません。使い終わった後は、そのままにせず、つるしておくなど湿気を溜めないように注意しましょう。

こまめに洗うのがベストですが、冬場はとくに、分厚いマットなどはそう簡単には乾きません。そんな時に便利なのが布用の除菌・消臭スプレーです。使った後、5~10回ほどスプレーして乾かしておくだけで、ニオイの原因菌をしっかり除菌し、スッキリと消臭してくれます。

気持ち良くお風呂に入って、その日の疲れはその日のうちに取ってしまいたいものですよね!