ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ジムで使ったウエア、上手に洗濯できていますか?
出典 : YanLev/Shutterstock.com

ジムで使ったウエア、上手に洗濯できていますか?

自分の時間を自由に使えるのが独身生活のいいところ。どんなに遅くなっても、家事を一切しなくても、誰にも文句を言われません。美容と健康のために、ジムに通うことにしたけれど、しばらく運動をしていなかったので、ちょっと運動しただけでもクタクタ。それに、運動した後の汗まみれのウエアの洗濯はちょっと面倒かも…。

  • 渡邊公子

様々な素材があるトレーニングウエア

様々な素材があるトレーニングウエア

Milaleks/ Shutterstock.com

最新のトレーニングウエアには、吸水速乾はもちろんのこと、補正効果、UVカット、抗菌素材を使ったものなど様々なタイプがあります。自分の好みや用途に応じて、ブランドや価格、デザインも自由に選べます。ただ、運動後は上から下まで着替えなくてはならず、それに加えて汗拭きタオルなども使うので、一度に大量の洗濯物が出るのが難点です。

ウエアのニオイを抑えるコツ

ウエアのニオイを抑えるコツ

Andrey_Popov2/ Shutterstock.com

ジムで着るウエアは、やはり一番は動きやすいこと、そして汗を吸収してくれる素材であることが重要です。その点、ポリエステルやナイロンといった素材は、洗濯してもシワになりにくく、乾きも早いので便利です。

洗う時や干し方にもコツがあります

汗まみれのウエアには雑菌が繁殖している可能性が高く、洗った後にイヤなニオイを発することがあります。そんな時は、部屋干し用の洗剤や除菌力の高い洗剤を使ったり、漂白剤を使ったりしてしっかり殺菌することで、ニオイの発生を防ぐことができます。

また、洗った後の干し方も大切。湿っている時間が長いほど雑菌が繁殖しやすくなるからです。衣類と衣類の間を空けて風の通り道を作ってあげたり、扇風機などで風を当てたりすることで、乾きを早くすることができます。

洗濯できない時のニオイ抑えに

トレーニングした後、帰宅時間が遅くなってしまったり、クタクタになってしまったりして、すぐに洗濯する気が起きないこともあるでしょう。でも、汗にまみれたウエアをそのままバッグに入れておいたり、洗濯機の中に放り込んだりしてはいけません。雑菌が繁殖して、不気味なニオイを発してしまうこと間違いなしです。

すぐに洗えない時は、布用の除菌・消臭スプレーを使いましょう。中にはニオイの原因菌を99.9%除菌できる製品もあります。5、6回を目安に、全体がしっとりするまで吹きかけて、しっかり乾かしましょう。さらに、バッグにも1本入れておけば、使用直後のウエアに吹きかけることができ、より効果的にニオイの発生を抑えることができるので、おすすめです。

美容のためにも、また健康を保つためにも、清潔なウエアで適度な運動を続けたいですね!