ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗面所にこもったニオイ、気になりませんか?
出典 : Elena Elisseeva/Shutterstock.com

洗面所にこもったニオイ、気になりませんか?

子どもが成長するほど、洗面所にも置くものが増えていき、どうしてもニオイがこもりがちになります。まず、洗面所の換気に気をつけましょう。また、洗濯機を使った後は、ふたを閉めずにしばらく開けておくのがポイントです。いつも清潔にしておきましょう。

  • 渡邊公子

使ったら拭く、を習慣に!

使ったら拭く、を習慣に!

I T A L O/ Shutterstock.com

顔を洗ったり歯を磨いたりすると、どうしても周囲に水しぶきが飛んでしまいます。そのまま放っておくと汚れが固まり、気づいた時には、なかなか取れない汚れとなってしまいます。水アカは、水に含まれている成分が湿潤と乾燥を繰り返すうちに積もり積もったもの。これを防ぐために「使ったら拭く」を心がけるようにしましょう。

洗面所のニオイ対策

洗面所のニオイ対策

TanyaRozhnovskaya/ Shutterstock.com

洗濯は洗濯機がしてくれるからと、脱いだ側からポンポンと洗濯機に入れられてしまうと、イヤなニオイの原因になりかねません。洗濯槽の中は湿度が高く、カビが生えやすい場所。この中に汗や泥などで汚れた洗濯物を入れて長時間放置してしまうと、カビが生えてしまいます。脱いだものはいったん洗濯カゴへ入れておき、洗濯する直前に洗濯機に入れましょう。

汚れやカビに注意してニオイ予防

汚れやカビに注意してニオイ予防

Serjio74/ Shutterstock.com

洗面所はよく使う場所ですから、換気を良くして、いつも清潔な状態にしておきたいところです。蛇口付近も汚れのたまりやすい部分。すぐに対処できるよう、近くにメラミンスポンジなどを用意しておくのがおすすめ。汚れに気づいたらその都度こすり、飛び散った水はさっと拭き取るようにしましょう。

ただし、メラミンスポンジは研磨力が強いため、水アカと一緒にコーティングまではがし取る可能性があり、鏡が傷つくこともあります。一度、隅のほうで確かめてから使うようにしてください。また、飲み残した炭酸水がある場合は、ティッシュペーパーに染みこませたり、スプレーしたりして磨くときれいになります。炭酸が抜けていても効果がありますので、ぜひ試してみてください。

濡れたものは乾燥させることでニオイなし

濡れたものは乾燥させることでニオイなし

Olga Nikiforova/ Shutterstock.com

洗面所は、浴室の脱衣所も兼ねたスペースとなっているところも多いため、狭いわりにたくさんのものが置いてあるところです。中には、掃除道具のブラシやスポンジ類のほか、使い終わったバスタオルなど湿気のあるものも多いでしょう。使い終わったブラシやスポンジは水気を切ったうえでフックにつるし、バスタオルもハンガーなどにかけて、よく乾燥させることが大切です。これで生乾きのイヤなニオイやカビ臭さがなくなります。

マットにシュッ、で清潔に!

マットにシュッ、で清潔に!

Rehan Qureshi/ Shutterstock.com

マットには、洗顔料や歯磨きなどの液も垂れやすいので、できたらまめに交換したいもの。しかし、とくに冬場は天気も悪く、日が出ている時間も短いため、分厚いマットはなかなか乾きません。そんな時に便利なのが、洗濯と同レベルの消臭・除菌効果を発揮する「ファブリーズダブル除菌」。寝る前に、布製のマットやスリッパにシュッと2~5回ほど吹きかけておけば、朝起きた時、ニオイを気にせずに気持ち良く使えます。

日々の、ほんのちょっとのお手入れで、「きれい」がキープできるようになりますね!

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー