ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
買い物から帰ったら、玄関が臭う!?
出典 : volodimir bazyuk/Shutterstock.com

買い物から帰ったら、玄関が臭う!?

買い物から帰ってきて、玄関のドアを開けたら、プーンと漂うイヤ~なニオイ。これって何のニオイ? ということがありますよね? 玄関には脱ぎっぱなしの子どもの靴、夫のジム用スニーカー、ブーツ…といろいろなものが置いてあると思います。帰ってきた瞬間にイラッとしないためには、どうすればいいのでしょうか。

  • 渡邊公子

靴の中は汗で湿ったまま

靴の中は汗で湿ったまま

andriano.cz/ Shutterstock.com

意外と気がつかないものですが、汗は額や脇だけからではなく、全身から出ています。子どもの汗腺数は大人と同じなので、当然、汗も多く、靴の中も足裏の汗でしっとりと湿っています。汗が染みこんだ靴をそのままにしておくと、洗濯物の生乾き臭と同じようなニオイがしてしまうのです。

ニオイの元を見極めて対策を

ニオイの元を見極めて対策を

Niyom Napalai/ Shutterstock.com

ひょっとしたらニオイを発しているのは靴だけではないかもしれません。雪や雨で濡れた傘も要注意です。傘から垂れた水滴が玄関でカビたり、傘から生乾き臭がしたりすることもあります。また、汗や雨で湿っている靴をげた箱にしまってしまうと、げた箱全体が臭うことにもなりかねません。まずは、ニオイの元を確かめましょう。

傘のイヤなニオイを取る

傘を開いた瞬間に、プーンと臭うとそれだけでイヤな気分になります。臭う傘は雑菌だらけですし、そのままにしておくと傘の金属部分までがさびてしまうかもしれません。そうならないためにも、帰ってきたら玄関前で、傘を閉じたり広げたりを繰り返して、なるべく水滴を払い落とすこと、そして日陰に干して乾かすことです。床にトントンとあてる落とし方は傷む原因になるので注意しましょう。

もし、乾かすのを忘れてしまって、イヤなニオイがする時は、重曹水(水100mlに重曹小さじ1程度)を含ませた布、または中性洗剤を薄めて含ませたスポンジでやさしく洗った後、水拭きまたはシャワーをかけて流します。洗剤はしっかり流さないとシミの原因になります。また、洗剤で色落ちするかもしれないので、目立たない部分で確かめてから始めましょう。

げた箱や靴のイヤなニオイを取る

玄関のたたきは、そのまま掃くと砂ボコリが舞い上がるので、茶がらや重曹などをまいて絡め取るとよいでしょう。ホコリだけでなくニオイも取れます。ただし、大理石の場合は重曹が使えないので注意してください。げた箱は、靴を全部出して掃除機をかけ、重曹水スプレーをかけて拭き取っていきましょう。掃除の後、げた箱の中に炭や重曹、市販の置き型消臭剤などを入れておくことで、ニオイを抑えることができます。

布製の靴には、除菌・消臭スプレーを活用しましょう。靴の中に染みこんだしつこいニオイの原因菌まで除菌する消臭剤なら、ニオイをしっかり元から取り去ってくれます。4、5回ほどシュッと吹きかけて、しっかり乾燥させてから、げた箱に戻すようにしましょう。

家の顔でもある玄関がきれいで臭わなければ、印象もまったく違ってきます。忙しくても玄関だけはきれいにしておきたいものですよね。