ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
厚手の衣類の"生乾き臭"が洗濯しても取れない!浸け置き洗いと正しい干し方について
出典 : zhu difeng/Shutterstock.com

厚手の衣類の"生乾き臭"が洗濯しても取れない!浸け置き洗いと正しい干し方について

厚手の衣類の悩みの種といえば、洗っても取りきれない生乾きの臭い。ちゃんと洗濯しているのになぜ!?生乾き臭を除去する洗い方と、生乾き臭を予防する干し方・乾かし方をおさえて、衣類の清潔さを保ちましょう!

  • 創文舎 hamo

洗濯しているのに漂う生乾き臭

洗濯しているのに漂う生乾き臭

Alfa Photostudio/Shutterstock.com

パーカーやトレーナーなどの厚めの衣類の難点は、洗濯後乾きづらいこと。下ろしたての頃は気にならなかった臭いなのに、何度か洗濯しているうちにジメッとした臭いが……。

臭いの正体は、繰り返し着用しているうちに蓄積された雑菌臭。

厚みがあって乾きづらい衣類は、洗濯して干す度に湿った状態が長く続き、洗濯で取りきれなかった皮脂汚れやタンパク質をエサにして繊維の隙間で臭いの原因となる雑菌が繁殖しています。

イヤ~な生乾き臭を解消するには、洗濯の仕方と乾かす前、また乾かし方にも一工夫が大切です。

部屋干しをしていた場合はこちらの記事もどうぞ
これで部屋干しも怖くない! 生乾き臭よ、さようなら~

臭いをさせない必殺! 浸け置き洗い

臭いをさせない必殺! 浸け置き洗い

Myibean/Shutterstock.com

頑固な生乾き臭には、洗濯前の浸け置き洗いがおすすめ。

漂白剤に浸け置きすることで、繊維の奥に潜む雑菌を根絶やしにします。

塩素系の漂白剤はより強力ですが、生地に対するダメージも大きいので、洗濯ラベルを確認の上、色柄物には酸素系漂白剤を使用するようにしましょう。

浸け置き洗いの手順

1. 
パーカーが浸かるくらいのバケツや桶に50~60℃のお湯をはり、漂白剤を溶かし入れます。

2. 
液の中にパーカーを浸し、1~2時間程度浸けておきます。

3. 
浸け置き後、洗濯機に移し洗剤を足して通常通り運転します。

生乾き臭を発生させない干し方・乾かし方

きちっと洗っても干し方や乾かし方が悪ければ、イヤな生乾き臭がなくなることはありません。

洗濯機で洗ったあと「そのまま数時間放置していることがある」「狭い場所に一気に洗濯物を干している」という方は特に注意が必要です。

生乾きの衣服はカビや雑菌が増える条件が整っているので、放置するとイヤな臭いが発生しはじめます。そうした事態を避けるためにも次の干し方・乾かし方を実践してみてください。

手順

1 洗い終わったらすぐに干す。

生乾き臭の原因は雑菌ですから、雑菌が増える前に乾かすことが大切です。濡れたまま洗濯物を放置しないようにして、風通しの良い場所や、日に当たる場所に干すのがおすすめです。

2 扇風機で乾かす。

扇風機で風通しをよくしたり、乾燥機で一気に乾かしたりするのも生乾き臭対策として効果が期待できます。洗濯物に扇風機の風を直接当てることで、雑菌が増える前に乾かしましょう。

3 他の洗濯物との間に隙間を作る。

生乾き臭を抑えるためには、洗濯物の風に当たる面積を広くなるように干しましょう。洗濯物を干すときは大きめのハンガーを使って表面積を広くしたり、洗濯物の間を風が通り抜けるように隙間を作ったりすれば、早く乾きます。

4 生乾きの状態でアイロンをかける。

洗濯機を回したあと、アイロンをかけて乾かすのも効果的です。アイロンを使うと乾かすまでの時間を短縮することができます。洗濯物がほとんど乾くまでアイロンをかけ、最後に天日干しで湿気をとれば完璧です。

いずれの方法も乾くまでの時間を短くすることで、雑菌が繁殖しないように対策しています。

ただし、アイロンがけで強制的に乾かす方法は衣服にダメージを与えてしまいかねないので、よほど急いでいる時以外はおすすめできません。

仕上げのシュシュッで残った臭いを撃退!

仕上げのシュシュッで残った臭いを撃退!

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

浸け置き洗いをして干し方・乾かし方を工夫したのに生乾き臭が心配という方は、干す前にもう一工夫することで、さらに臭いを防ぐことができます。強い除菌効果を持つ、布用消臭除菌スプレー ファブリーズをパーカーに片面ずつ5、6回スプレーしハンガーに掛けます。

ファブリーズは、布に付着した菌に対する実験で、99.9%の除菌効果が実証されている布用の除菌消臭剤。

洗濯後、スプレーすることで繊維の奥に取れ残った雑菌に効果を発揮し、乾くまでに増える雑菌の繁殖にストップをかけます。また、ファブリーズには、ニオイキャッチャー、分解消臭イオン、ポリマー消臭、中和消臭という4つの消臭成分が含まれており、汗や体臭、タバコや食べ物臭など、生活の中でつきやすいさまざまな種類の臭いを消臭することができます。

厚手のパーカーを干す時は、乾きやすいように、なるべくラックの一番端に、フードを外側に向けて干しましょう。

まだ生乾きの臭いがしないパーカーにも、洗濯する度、干す前にファブリーズすることで、臭いの発生を予防する効果を期待できます。

まとめ

なかなか取れない生乾きの臭いも、洗濯方法やその後のケアを知っておくだけで怖いものなし! 臭い予防を習慣にして、いつでも清潔さとさわやかさをキープしましょう。

他にも生乾き臭を見直すなら

生乾き臭についてはこちらの記事もおすすめ

すっきり乾かない冬の外干し。ニオイのしない室内干しのコツを掴んで冬でも快適お洗濯

浴室に干したら生乾きの臭い(におい)が!!せっかく洗濯したのに・・・

部屋いっぱいの洗濯物。週1回のまとめ洗いが、生乾きの原因!? 除菌対策を

台風で洗濯物がなかなか乾かない。生乾きのあのニオイが嫌い!