ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
大好きな磯釣り。汗や魚の臭い(におい)で妻に迷惑をかけたくない
出典 : matinphotography/Shutterstock.com

大好きな磯釣り。汗や魚の臭い(におい)で妻に迷惑をかけたくない

毎週末のように趣味の磯釣りに出かけても、文句ひとつ言わない妻に感謝。でも、持ち帰ってきた道具や衣類は、結構魚臭いし、汗臭い、そして魚臭い・・・。本当は、かなり迷惑をかけているはず。家に入る前に臭いケアして、妻に迷惑かけないようにしなくては、と痛感。でも、どんなケアをしたらいいのでしょうか?

  • abe

汗の臭いが気になる!

磯釣りの日は朝早くに出発するから、夕方帰宅する頃には汗びっしょりということもしょっちゅう。釣りに夢中になると、制汗剤をこまめにスプレーするのも忘れてしまいがちに。汗だけでは臭いませんが、雑菌が繁殖して不快な臭いになるのです。

魚の臭いの原因は?

魚の臭いの原因は?

yuda chen/ Shutterstock.com

魚の臭いの正体は、生臭さです。ただし新鮮なうちは、さほど生臭さはありません。時間が経つにつれてうまみ成分のトリメチルミンオキサイドという物質が分解され、臭くなります。この臭いが、アミン臭というもの。死んだ魚の成分をエサにして菌が繁殖し、アミン臭が発生し、鮮度が落ちるほど、アミン臭はきつくなります。

魚や汗の臭いを消臭

室内に魚臭さや汗臭さが充満すると、不快指数も高くなります。消臭は、手・衣類・室内全体とそれぞれ対策すると効果的でしょう。では、どんな対策をしたらいいのでしょうか?

室内の臭いを消臭

室内の臭いを消臭

chromatic/ Shutterstock.com

室内が臭くなっているので、まずは換気をしましょう。家中の窓を開けて風のとおり道を作り、キッチンの換気扇を回すこと。さらに、濡れタオルを振り回してみてください。空気に漂っている臭いの元にしっかりと吸着して、消臭できますよ。

衣類に付いた臭いを消臭

衣類に付いた臭いを消臭

Sasaton krungsee/ Shutterstock.com

魚釣りに行くと、衣類も生臭くなってしまうもの。さらに汗の臭いや磯の臭いも混ざり、形容しがたいほどの悪臭になります。服が臭いと思ったら放置せず、早めに対策しましょう。そんな時に最適のアイテムが、酢水や重曹。酢水または重曹水に服をつけ置きしてから、洗濯機で洗ってください。頑固な臭いも、かなり消臭できます。

衣類に魚の血が付いている場合、シミに直接水またはお湯で湿らせてから、固形用石けんを服に押し付けます。そして、濡れタオルでポンポンと叩くこと。この時、ゴシゴシとこすらないようにしてくださいね。

手に付いた臭いを消臭

帰宅したら、真っ先に手を洗いましょう。手が生臭いままだといろんなものが臭くなります。この臭い、石けんで洗うだけでは、落ちません。手に付いた臭いを落とすには、蛇口などのステンレスに触るのも効果的。鉄イオンと細菌が反応すると、臭いの元を消臭してくれるのです。

また、コーヒーの豆かすやお茶の葉を手のひらにのせて、ゴシゴシ揉むのもおすすめ。その後は、水で洗い流しましょう。ちなみに、これらは乾燥していないものが適しています。乾燥してしまうと、臭いを吸収しづらくなるので濡れたものを使用しましょう。

除菌消臭スプレーを使う

気軽に消臭ケアしたい時は、除菌消臭スプレーを使ってみてください。消臭だけでなく除菌もできるタイプだと、重宝すること間違いなし。布製品の臭いケアの仕上げにも、ぴったりですよ。玄関マットなら15回が目安、衣服なら表裏各10回くらいが目安です。

快く魚釣りに送り出してくれた妻のためにも、家の中が魚臭くならないよう、しっかりと対策したいですね。