ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「臭い(におい)が気になる」といわれたくない!! 女性が多い職場に異動
出典 : sunabesyou/Shutterstock.com

「臭い(におい)が気になる」といわれたくない!! 女性が多い職場に異動

単身赴任で、ほぼ女性従業員の職場に異動になりました。妻任せだった洗濯も今度から自分でやらなくては。臭いに敏感な女性ばかりなので、頻繁に洗えないものもスプレーなどを使ってこまめに消臭を心がけたいもの。気軽にできる消臭法とは?

  • abe

臭いの原因はもしかして加齢臭!?

臭いの原因はもしかして加齢臭!?

aijiro/ Shutterstock.com

年齢を重ねるごとに、気になる臭いありませんか? もしかしたら、加齢臭かもしれません。枯草のような臭いといわれる、40代以降の中高年特有のものです。この正体はノネナールという物質で、皮脂成分が酸化することで発生します。

加齢臭に口臭やタバコの臭いが加わると、さらに不快な臭いになるのは避けられません。ノネナールが発生する原因として考えられるのは、栄養バランスの悪い食生活や運動不足、ストレスなど。単身赴任の身には思い当ることがいっぱいですね。

女性が不快に感じない生活って?

女性が不快に感じない生活って?

Dmitry A/ Shutterstock.com


どんなに汗を拭き取っても、偏った食事だったりタバコやお酒をたしなんでいたりすると、加齢臭がキツくなることがあります。それを避けるためにも、ビタミン類やミネラル類を豊富に含む食材を摂取しましょう。体内の抗酸化作用につながります。

また、動物性の脂肪も摂りすぎないように注意が必要。和食中心が理想的です。運動も、健康維持に欠かせません。おすすめは有酸素運動で、毎日ウォーキングするだけでも効果バツグン! いい汗がかけるようになり、加齢臭も和らぐはず。

ウォーキング後はもちろん日常のすべての場面でいえることですが、汗をかいたらできるだけ早いうちに拭き取ってください。放置しておくと、汗が不快な臭いに変わってしまいます。

女性に「臭い 」といわれないために

女性に「臭い 」といわれないために

Africa Studio/ Shutterstock.com

防臭効果のあるボディシャンプーなどを使う

臭いに敏感な女性に臭いと思われてしまうのは、避けたいもの。体臭がでないよう体の防臭も、しっかりしておきましょう。入浴時は、とくに背中や首の後ろに洗い残しがないよう、しっかりと洗います。

ちなみに、皮脂成分が酸化する前に、汗を拭き取れば臭いません。消臭・防臭効果のあるボディシャンプーやボディペーパーで、こまめにしっかり皮脂を拭き取りましょう。携帯していれば、気になった時に外出先でもいつでもお手入れできて便利ですね。

衣類や布類を洗濯する

洗濯しても、衣類についた加齢臭が落ちていないと感じることがありませんか? この場合、皮脂の汚れが落としきれていないことが考えられます。
洗濯前に、酸素系漂白剤で30分~1時間ほどつけ置き洗いしてみましょう。

とくに、臭いが気になる場合は、酸素系漂白剤をその部分に直接塗ってから、軽く揉み洗いしておくことがおすすめです。その後、つけ置き洗いすることで、不快な臭いがかなり消えるはずです。この方法は、衣類だけでなく枕カバーやシーツなどの寝具にも有効です。

除菌&消臭スプレーを使う

コートなど家で気軽に洗濯できないものや、シーツなど大物の臭いケアには、除菌&消臭スプレーがおすすめです。スプレーするだけで、臭いの原因菌を99.9%除菌できる製品もあるので、活用してみてください。洗濯してから、干す前にスプレーするのもおすすめです。

あまり至近距離でスプレーすると、シミになることもあるので、20~30㎝離して、まんべんなく吹き付けましょう。

加齢臭は、臭いに敏感な女性を不快にさせてしまいます。臭いがちな部分を知った上で、しっかりとお手入れしたいですね。