ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ごめんなさい。趣味の釣り具をしまったせいで、納戸が臭い(くさい)です
出典 : NatalyaBond/Shutterstock.com

ごめんなさい。趣味の釣り具をしまったせいで、納戸が臭い(くさい)です

釣り具もウェアも使い終わった後は、しっかり汚れを落とすことが防臭につながります。生臭いあの臭いは、魚の「ぬるぬる」が原因です。次に気持ちよく使うためにも、念入りなお手入れを心がけましょう。ここでは、効果的なケア&消臭方法を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

「釣り具」が家族に敬遠される理由とは?

「釣り具」が家族に敬遠される理由とは?

project1photography/ Shutterstock.com

釣りは1年中楽しめるレジャーとして人気がありますが、面倒なのは使った後の釣り具の片づけ。

「魚は鮮度が命」といわれるように、鮮度が低くなると細菌の活動が活発になり、臭いの元となる魚特有の物質が生成されるため、釣ってから時間が経つほど生臭さが強くなります。となると、魚の血やぬめりがついた釣り具が悪臭の発生源になってしまうのは明らか。

とくに押し入れや納戸など、他のモノも収納されているスペースにしまえば、家族から「臭い!」と、非難の声があがるのは間違いありません。何より、次に使う時に自分自身が不快な思いをしてしまいます。

釣り竿、ルアー、クーラーボックス、さらにレインウェアなどはしっかり汚れを落としてからしまうこと。せっかくの趣味も家族に敬遠されるようでは楽しさも半減してしまいます。

臭いの問題が解決すれば、家族も釣果を期待して歓迎してくれるかもしれませんよ。

釣り具のケアと消臭対策

楽しい釣りも、終わった後の手入れが面倒という人は多いはず。ただし、長く楽しむためにもそのひと手間が大切です。スポーツ選手が道具を大事にするように、釣りが趣味なら道具はしっかり手入れしてからしまいましょう。

釣り具のケアと消臭対策

DrimaFilm/ Shutterstock.com

1.道具は真水で洗う

基本中の基本ですが、釣りから帰ってきたら、すべての道具を水洗いすることが大切です。潮がついたまま放っておけば、サビの原因にもなってしまうので、時間を置かずに水で洗い流しましょう。洗った後は、しっかり拭いてください。道具を長持ちさせるには、手間を惜しまないこと。レインウェアも水で表面の汚れを取った後、洗濯機で洗えば臭いも残りません。ただし、洗濯表示の確認は忘れずに!

道具は真水で洗う

wk1003mike/ Shutterstock.com

臭い釣り具はしまえない

2.魚専用ウェットティッシュを使う

釣りをしていると、道具だけでなく、手にも嫌な臭いがついてしまいます。そんな時は、魚専用のウェットティッシュで拭けば、臭いが残りません。使った後の道具も、これで拭き取れば帰った後の手入れが楽です。

3.キッチン用漂白剤を使う

釣り道具の中でも、もっとも臭いが気になるのが魚を入れるクーラーボックスです。クーラーボックスの臭い対策としては、直接魚を入れず、小魚であればビニール袋や密閉容器などに入れるだけで、かなり改善されます。そのまま魚を入れた場合は、食器洗剤を使って洗いましょう。この時、タワシなどキズかつくようなものでこすらないこと。臭いが取れない時はキッチン用漂白剤を使うと、気にならなくなります。

4.置き型消臭剤を使う

きれいに汚れを落とした釣り具は、蓋つきの収納ボックスやコンテナにひとまとめにしてしまっておくと、臭いが残っていたとしても気になりません。家の中にある納戸や押し入れなど、他のモノと一緒にしまう場合は、念のために置き型消臭剤を設置しておきましょう。置き型消臭剤は、限られたスペースの方が効果を発揮しやすいので、納戸や押し入れの悪臭を取り除いてくれます。

使用後の釣り具を車に積み込む時も注意が必要です。そのままでは、臭いが移ってしまうかもしれません。ビニールシートなどを敷いてから積み込むようにしましょう。