ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗ったのはいつ? 消臭方法は? 毎日使うから悩ましいバスタオル
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

洗ったのはいつ? 消臭方法は? 毎日使うから悩ましいバスタオル

毎日シャワーをしているから自分は清潔だと思ってはいませんか? それは、洗い立てのバスタオルを使った時だけです。使用3日目でも、もはや清潔とはいえず、使用2週間目ともなれば、ただならぬ臭いまで発生! 毎日洗わなくても、清潔に使え、消臭にもなる方法を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

バスタオルは使用するたびに洗うのが理想です

バスタオルは使用するたびに洗うのが理想です

TORWAISTUDIO/ Shutterstock.com

入浴やシャワーの後、毎日使うバスタオル。1回ごとに洗うのは面倒だからと、ついつい使い続けてしまい、臭いに気づいた時はすでに手遅れ。2週間使い倒したバスタオルの臭いは、普通に洗濯したくらいでは取れません。

バスタオルに繁殖した雑菌が臭いの原因ですが、使用後は数十~数百個程度だった雑菌も3日後には数万~数億個にまで激増してしまうといわれています。これでは、せっかく汗や汚れを落としても、バスタオルを使えば身体に雑菌が付着し、逆に不衛生です。

すぐに健康に影響が出るわけではありませんが、臭いまで感じるようになればもはや使う意味がありません。できれば、使うたびに洗うのが理想ですが、それができない時はしっかり広げて乾かすこと。

続けて使っても2~3回、最長でも1週間程度で洗濯するようにしましょう。洗濯ものが乾きにくい冬は、除湿機などを使って湿り気が残らないようにすることも必要です。

バスタオルに繁殖した雑菌が臭いの原因

DONGSEON KIM/ Shutterstock.com

バスタオルの除菌・消臭対策

洗濯するのが面倒だからと放っておくと、余計に手間がかかることに! 普段からマメに洗濯することをおすすめしますが、臭いが気になったらここで紹介する方法を試してください。覚えておくと、布巾やシーツなどにも応用できます。

バスタオルの除菌・消臭対策

Roman Stetsyk/ Shutterstock.com

1.酸素系漂白剤を使う

バケツやタライに50~60度のお湯と酸素系漂白剤を入れ、1~2時間ほどバスタオルをつけ置きしてから、洗濯機で普通に洗濯します。つけ置きしている時にお湯の温度が下がってきたら、熱湯を足してもいいでしょう。酸素系漂白剤は色柄物にも使えるので便利です。

熱を加えた消臭も効果的

2.煮洗い

苦にならない人は、大きめの鍋にバスタオル、洗剤、酸素系漂白剤を入れて火にかけて、煮洗いするのがもっとも効果的です。煮終わった後のお湯には汚れがしみ出ているので、しっかりとすすいでください。手洗いが不安であれば、洗濯機ですすいでもいいでしょう。なお、煮洗いは綿や麻などの天然素材に効果を発揮する方法なので、化繊などは避けること。

3.消臭スプレーを使う

雑菌の繁殖を抑え、嫌な臭いが発生しないよう、除菌効果のある消臭スプレーを使用後に使うと効果的です。噴射した後は、広げてしっかり乾かしてください。ただし、消臭スプレーをしても定期的な洗濯は必要です。

バスタオルは、「汗も汚れも洗い流した後に使うから汚れにくい」というのは幻想です。洗濯は1週間に1度という人は、1週間に3枚くらいのバスタオルをあらかじめ用意しておくと衛生的です。