ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車が汗臭い(くさい)のは嫌だ! シートに染み付いた臭い(におい)を何とかしなければ
出典 : Wasant/Shutterstock.com

車が汗臭い(くさい)のは嫌だ! シートに染み付いた臭い(におい)を何とかしなければ

調理師になって数ヶ月。勤務中は火のそばにずっといるので、季節に関係なく大量に汗をかきます。そのまま車で自宅へ帰るので、車の臭いがだんだん気になり始めました。汗をかくのは職業上仕方がないので、車のシートが臭わない対策法が知りたいです。

  • terasaki

車にも雑菌がつく

車にも雑菌がつく

汗は汗腺から出ますが、その汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の二種類があります。火のそばで体温調整のためにかいた汗は、エクリン腺という汗腺から分泌されます。ここから出る汗は、ほとんどが水分のため、サラッとしていてほぼ無臭です。

とはいえ、時間が経つにつれ皮膚や衣類の汚れをエサに雑菌が繁殖し、嫌な臭いを放ちます。汗をかいたまま車に乗ると、その雑菌が車に付着し新たな菌を発生させるという菌の連鎖も起こります。早めに対策を立てたいですね。

汗の段階で臭い予防

汗の段階で臭い予防

●汗を拭く、着替える

汗自体は本来無臭ですので、汗をかくたびにしっかりタオルで拭うことができれば、臭いの心配はありません。しかし、仕事中にそんなことは不可能ですので、仕事が終わったら汗拭きシートで拭く、着替えをするなどで対処しましょう。

加えて、水分補給が十分でないと、濃度の高い臭い汗をかいてしまいます。汗をたくさんかく時は、とくに、水分補給を心がけるといいですね。

●洗濯時に汗臭予防

汗がついた服をそのままほっておいたら、ただ洗濯しただけでは菌が取りきれず、次に着用する時に、少し汗をかいただけで雑菌が繁殖して臭ってしまうことになります。

なるべくその日のうちに洗濯する、洗濯できない時はつけおき洗いしたのちに洗濯するなど、少し手間ですが、工夫次第で次に着用時の汗臭予防になります。

シートが臭い出す前に対策を

シートが臭い出す前に対策を

●効果的なのは水拭き

それでも汗が車のシートについてしまったら、換気をしたのちに固く絞ったタオルでシートを水拭きしましょう。臭いが気になる時はミョウバン水です

●ミョウバン水は汗臭に効果的

ドラッグストアで安価に売っている焼ミョウバンを30倍程度の水で溶いて、1晩置いておくだけでカンタンに作れます。ミョウバン水をシートにスプレーして、叩くように拭くとシートの汗臭さはかなり解消されます。

ミョウバン水は、制汗剤として使えるので1本作っておくといいですね。その際、保管は冷蔵庫になります。水拭きしたら、しっかりシートを乾かすのを忘れないようにしましょう。

●プラス消臭剤も

シートを水拭きしたら、さらに、臭い予防として車用の置き型消臭剤をセットすれば万全です。汗臭だけでなく車全般の嫌な臭いに効果的に働きかけてくれるので、こもりがちな車内の臭いが改善されます。


仕事中は汗なんて気にしていられません。それでも、自分も車も汗臭いのは嫌なので、しっかり消臭し、さわやかな気分で仕事に向かいましょう。