ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
もしやこれって加齢臭?うたた寝するソファのヘタリと臭い(におい)が気になる
出典 : Andrey Burmakin/Shutterstock.com

もしやこれって加齢臭?うたた寝するソファのヘタリと臭い(におい)が気になる

とくに首回りの臭いが強烈な加齢臭は、うたた寝するソファだけでなく、枕、ワイシャツ、ポロシャツなど、首が当たる布製品や衣類にも染みつき、あたりに不快な臭いを放っているはず。消臭対策とともに、身体のケアもお忘れなく!

  • 創文舎 arisa_125

30代でも発生!? ソファの臭いは手ごわい加齢臭だった・・・

30代でも発生!? ソファの臭いは手ごわい加齢臭だった・・・

SHUSTIKOVA INESSA/ Shutterstock.com

テレビを見ていたらいつの間にかソファでうたた寝。起こしてくれる相手がいないと、ついつい朝まで寝てしまうのも、男の一人暮らしにはよくある話です。ただ、そんな日が続くと、お気に入りのソファがヘタリと臭いで台無しになってしまうかもしれません。

買ってからそれほど年数が経っていないものであれば、座面のヘタリは元に戻るとしても、臭いの方はどうでしょうか。もしそれが「ロウソクのような臭い」だったり、「ブルーチーズのような臭い」「腐った魚のような臭い」であれば、残念ながら加齢臭です。

40代が一番多いとされる加齢臭も、最近では30代で発生するケースも増えているのだとか。「自分には関係ない」と思っても、ソファからただならぬ臭いがしてきたら、加齢臭を疑ってみましょう。早めに分かった方が、周りに知られる前に対策も立てられるうえ、ソファについた臭いも的確に除去できます。

ソファの消臭対策と加齢臭予防

疲労やストレス、乱れた食生活に過度の飲酒、禁煙なども原因とされる加齢臭。消臭対策やボディケアも必要ですが、生活を正すことも予防の1つといえそうですね。

ソファの消臭対策と加齢臭予防

Master1305/ Shutterstock.com

1.重曹で臭いを取る

ソファについてしまった臭いは重曹で取ります。ソファにまんべんなく重曹をふりかけ、2~3時間ほど置いてから掃除機で吸い取りましょう。それでも、まだ臭いが気になるようであれば、スチームアイロンを使うとすっきり消臭できます。

重曹で臭いを取る

phloen/ Shutterstock.com

2.脱臭機を設置する

男の部屋には、臭い分子をフィルターや装置で除去し、臭いそのものを消し去ってくれる脱臭機がおすすめです。トイレなどで使う小さなものから、部屋の臭いを取るものまで、各メーカーからさまざまなタイプの脱臭機が発売されています。加齢臭にも効果があるので、使ってみるのもいいでしょう。

3.消臭スプレーを使う

忙しいビジネスマンには、もっとも手軽な消臭スプレーがおすすめです。ソファ全体に20回ほど噴射しておきましょう。うたた寝しない日でも、毎日の習慣にすると、臭いが残りにくくなります。

加齢臭の別名は、たとえ30代でも親父臭・・・

4.ボディケアで加齢臭を抑える

加齢臭を抑えるためには、首回りをはじめとする上半身を、とくに意識して洗うことが大切です。また、シャワーではなく、湯船につかって新陳代謝を促進させることも加齢臭の抑制につながります。入浴後は、消臭効果のあるミョウバン水を、汗をかきやすいところや皮脂腺のあるところに塗りましょう。

【ミョウバン水のつくり方】

食品にもよく使われるミョウバンは、スーパーや薬局などで手に入ります。ミョウバン水は、ペットボトルに1500mlの水を入れ、そこにミョウバン50gを溶かしてつくります。使う時は、約20倍に薄め、スプレーボトルに入れましょう。

まさか自分が・・・。加齢臭をはじめて自覚した時は、軽くショックを受けるかもしれませんが、人から指摘される前に自分で気づきたいもの。時々、枕や使用済みのタオルの臭いを嗅いでチェックしてみましょう。