ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
新生活なのに、気になる臭い(におい)が! 布団や枕が何となく化学物質臭い(くさい)
出典 : Freebird7977/Shutterstock.com

新生活なのに、気になる臭い(におい)が! 布団や枕が何となく化学物質臭い(くさい)

入社や入学で新たな生活がスタート。ちょっと不安だけど、期待にドキドキ。でも、眠れないのは不安や期待のせいばかりではないようです。新しく買った布団や枕が臭い。格安ゲットしたせいか、化学物質の臭いが気になります。

  • 渡邊公子

新品の枕が臭いのはどうして?

新品なのに化学物質臭いってどういうこと?

Marko Aliaksandr/ Shutterstock.com

新品特有のイヤなニオイ

羽毛布団が動物臭かったり、枕から石油のような化学物質の臭いがプーンと漂うと、寝ようとしても気になってしまい、熟睡できません。緊張が続く新生活、しっかり寝なければ疲れも取れません。

通販で格安で買った寝具。忙しくて店頭まで出かける時間がなくて、便利なネット通販でポチリ。すぐ届くので便利だけど、さすがに臭いまではわかりません。

原因は製造過程でついたニオイの残り

臭いの原因として考えられるのは、羽毛の洗浄がよく行われていない、製造過程でウレタンの空洞に臭いが溜まってしまうことなどが考えられます。また、カバーの染色の洗浄が十分ではない場合もあります。
手軽に出来る消臭法で布団や枕の臭いをリセットして、気持ちよく眠れるようにしましょう。

新品の布団や枕の消臭方法

布団や枕から漂う化学物質臭の消臭

yoshi0511/ Shutterstock.com

布団や枕は素材によって洗えるものと洗えないものにわけられるので、まずはラベル表示をチェックしましょう。基本的に羊毛、そば殻、低反発ウレタンフォームは洗うことが出来ません。

布団の消臭

羽毛に残った油脂分が多いと臭うことがあります。鳥の種類によっても差があり、グースよりダックの方が臭う場合が多いです。また、海外の羽毛で加工された羽毛は日本と比べて洗浄が十分に出来ていない場合もあります。布団生地の加工剤やカバーの染料などが臭いの原因ということも考えられます。

いずれも使用しているうちにだんだん臭わなくなりますが、気になる場合は、中の空気を押し出すように、布団を折り畳んで新しい空気と入れ換えるようにし、その後3~4時間天日に干します。

枕のウレタン臭の消臭

手軽な値段で人気のある低反発ウレタンフォーム枕。ウレタンはクッション性を出すためにガスで発泡させるので、無数の穴が開いています。この穴に臭いが残っているといつまで経っても化学物質の臭いがするので、これも布団同様、中に溜まっている空気を押し出して空気の入れ換えを行い、その後、風通しの良い日陰に2~3日干せば、徐々に臭いがなくなります。

そば殻や羊毛、羽毛の枕も、基本は同じ。空気の入れ換えと天日干しです。

除菌・消臭スプレーを使う

よりカンタンな除菌・消臭法として、消臭スプレーがあります。洗濯と同レベル、日光消毒以上の除菌・消臭効果が確認された製品もあるので、吹きかけて乾燥させるだけで済みます。

布団には20回、枕には5回程度スプレーし、風通しの良いところで中までしっかり乾燥させましょう。まだ臭いが残っている時には次の日も同じように消臭スプレーを吹きかけて日陰干しをしてみてください。

布団や枕から漂ういやーな臭いを撃退し、ぐっすり眠って明日に備えましょう。