ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
除菌は大丈夫?バスマットの敷きっぱなしはNG! 臭い(におい)の元を断ち、清潔なマットに
出典 : suriyaphonlakorn/Shutterstock.com

除菌は大丈夫?バスマットの敷きっぱなしはNG! 臭い(におい)の元を断ち、清潔なマットに

会社で上司に怒られたり、イヤなことがあったりしても、シャワーを浴びれば案外すっきりするものです。そんな外の疲れも癒してくれるシャワーですが、汚れが目立たないと思って敷きっぱなしにしたバスマットがなんだか臭う?急にさわやか気分がダウン・・・

  • tama

敷きっぱなしのバスマット、じつは・・・

敷きっぱなしのバスマット、じつは・・・

足の裏にはたくさんの菌がいるって知っていました? 常に足に触れるバスマットですから、足の菌が残っていてもおかしくはありません。また、足は角質が厚いので、不要になってアカとしてはがれます。それをエサに雑菌が繁殖し、臭いの原因に。

また、男性の場合、女性よりも汗をかきやすく、靴や靴下を脱ぐ習慣が少ないため、蒸れやすくなっています。出勤から帰宅まで、靴も靴下も履きっぱなし。汗の湿気で雑菌がさらに繁殖し、その足でバスマットを踏めば、臭いが染みついても仕方無いかも。

とにかく乾燥させる

とにかく乾燥させる

バスマットは、日々水分を吸収します。敷きっぱなしで置いておかないように心掛けましょう。浴室にハンガーを置いて、バスマットを使ったら、ハンガーにかけておくだけでも臭いは予防出来ます。湿気は雑菌を呼ぶので、とにかく床から離して湿気が蒸発しやすい状態にしましょう。

除菌するなら浸けおきが鉄則!?

除菌するなら浸けおきが鉄則!?

ずっと洗っていなかったバスマットの皮脂やタンパク質、雑菌はとても頑固です。頑固な汚れには、熱湯と漂白剤を使いましょう。熱いお湯は、皮脂等の汚れを落ちやすくし、滅菌効果も期待出来ます。

バケツなどに熱いお湯と漂白剤を入れて、バスマットを浸けこみます。時間は1時間程度、頑固な臭いならさらに数時間放置しましょう。その後は通常の手順で洗濯機で洗えばOKです。湿気が残っていると、雑菌がすぐ繁殖して臭いの元になるので、手早くしっかり乾燥させます。洗濯機から取り出して、風通しのいい場所にかけておきましょう。
一度きちんと臭いを落とせば、その後は毎日あるいは2日に1回洗濯していれば、臭いはそれほど残りません。

消臭スプレーで除菌&消臭

手軽に出来ておすすめなのは、市販されている消臭スプレーです。除菌タイプのものがあるので、そちらを選びましょう。消臭スプレーの香りが苦手な人は、無香タイプがあります。バスマットの大きさによりますが、10程度、全体にスプレーをかけましょう。その後、ハンガーなどにかけて自然乾燥させます。洗濯後にスプレーして乾燥させれば、臭い戻りの予防にもなります。

その日の疲れを洗い流せるシャワーの時間をもっと快適にするためにも、バスマットを除菌&消臭して嫌な臭いも無くしちゃいましょう。