ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
カビや臭い(におい)にご用心! 締め切ったままのクローゼットや押入れをチェック
出典 : namtipStudio/Shutterstock.com

カビや臭い(におい)にご用心! 締め切ったままのクローゼットや押入れをチェック

独身ながら、ついに買った新築マンション。男の一人暮らしで荒れないように気をつけたい。とくに、クローゼットや押入れは戸を閉じてしまえば中が見えないので、乱雑になりがち。あれこれと押し込めていってしまうと、カビや臭いの温床に。

  • tama

カビが好む押入れに注意!!

カビが好む押入れに注意!!

押入れのように木で出来ている場所は、湿気を溜めこみやすいのでカビの温床になります。また、狭い場所にはホコリも溜まりやすく、雑菌が繁殖して臭いの原因にもなります。衣類や段ボール等も乱雑に入れてしまうと、奥は死角になるので手入れが行き届かなくなります。

カビさせない!! 押入れの掃除法

カビさせない!! 押入れの掃除法

良く晴れた天気のいい日に、押入れの物を全部出して整理しましょう。換気をして、押入れの湿気やホコリ等を追い出します。ついでに布団や衣類を天日に干せば、滅菌効果が得られるのでカビや臭いを予防出来ます。押入れを空っぽにしたら、掃除機をかけ、ホコリや木くず、ダニの死骸、ゴミなどを全て吸い取ります。

次に拭き掃除をします。拭く時の基本は上から下へ。水で濡らし、固く絞った布で押入れの天井や側面を隅々まで拭き、その後しっかり乾かします。ドライヤーや扇風機を使って湿気が残らないようにしましょう。湿気が残っていると、カビの原因になりますので、注意が必要です。

カビが生えていたら・・・

カビが生えていたら・・・

押入れにカビを発見したら、すぐに除去しましょう。ティッシュペーパーなどに漂白剤を染み込ませ、カビの部分に当ててラップをかけておき、カビの色が落ちたら、布を水で濡らしてかたく絞り、拭き取ります。乾いた後に、スポンジなどに消毒用エタノールを染み込ませて、カビの生えていた箇所に塗ります。そして再び乾燥させます。しっかり乾かさないと再びカビの原因になりますから、扇風機やドライヤーを使いましょう。

カビや臭いの予防をする

せっかく掃除しても、予防をしないと再びカビや臭いの餌食になります。布団を収納している場合、湿気が蒸発しやすいように、すのこ等を敷きましょう。新聞紙や除湿剤を置いておくのも効果的です。また、冬でも換気をきちんとしましょう。閉め切った押入れを開けて、部屋ごと換気します。湿気を溜めこまないようにマメに換気をすることが、部屋を長持ちさせるポイント。

押入れの消臭ケア

置き型消臭剤は、カビや衣服の臭いには効果的です。手間がかからないので家事が面倒な一人暮らしの男性にもおすすめ。香りのあるタイプと無香タイプがあるので、好みで選んでみてください。

一国一城の主になったのですから、部屋を長持ちさせるためにもマメに掃除、消臭をしましょう。