ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「なんか臭い(くさい)けど、加齢臭?」まだ30代なのに妻の気になるひと言
出典 : Anetlanda/Shutterstock.com

「なんか臭い(くさい)けど、加齢臭?」まだ30代なのに妻の気になるひと言

妻に「布団やシーツが臭い、加齢臭じゃないの?」と言われて、何だかショック。まだ30代なのに…。共働きなので、洗濯や布団干しは平日に難しいけど、せめてシーツや布団のニオイをなんとかしたい!気軽に消臭できる方法って、あるの?

  • abe

30代でも加齢臭になるの?

30代でも加齢臭になるの?

Einur// Shutterstock.com

30代というとまだまだ若いイメージがありますが、実は体臭が気になる人も多いのです。中高年になると、独特の脂臭い体臭が気になることありませんか? それが加齢臭なのです。加齢と共に、発生するのは避けられません。

臭いやすい部分は、頭部を含めた上半身。特に、頭部は皮脂の分泌量が多いので、臭いやすいでしょう。その他にも、首の後ろや耳のまわり、背中、脇など。

加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。このノネナールは、不規則な生活習慣や食事、高血圧などが原因で発生しやすくなるもの。水に溶けにくくこびりつきやすいため、シャワーや入浴だけでは臭いが落ちません。

30代で加齢臭を防ぐには

30代で加齢臭を防ぐには

Aroon phadee/ Shutterstock.com


栄養バランスのいい食生活は、健康的な生活のベースであり、加齢臭予防にも大切です。野菜や果物、海藻類をしっかり摂って、肉類や揚げ物などの脂質を控えるようにしましょう。こってりした洋食や甘いものよりも、和食を中心にすると栄養バランスもばっちりです。

タバコやストレスも加齢臭にはよくありません。規則正しい生活を心がけ、適度な運動とリラックスタイムを大切に、できれば禁煙にも挑戦しましょう。

加齢臭が気になったら

加齢臭が気になったら

Aongsir/ Shutterstock.com

●体をこまめに洗う

まずは、こまめにシャワーや入浴をし、体を清潔に保つように心がけてみませんか? しっかりと耳の裏や襟足、首の後ろなど洗いましょう。汚れや皮脂を落とすことを意識しながら洗ってみてください。

加齢臭対策のボディソープや石鹸などもあるので、試してみるのもいいですね。外出先でも、自分の臭いが気になるときは、携帯用のシートを持っていると、皮脂や汗をこまめに拭き取れて安心です。

●ミョウバンを活用する


ミョウバンは、消臭効果があるのでおすすめ。臭いが気になる部分や衣類に、ミョウバン水をスプレーしてみてください。ミョウバン水溶液を湯船に入れて入浴するのも、消臭効果がありますよ。さらに雑菌の繁殖を抑える効果もあるので、一石二鳥ですね。

●シーツや枕カバーなどを洗う

週末は、シーツや枕カバーをできるだけ洗濯しましょう。カバー類を洗わず放置しておくと、寝ている間に、臭いが身体に染みついてしまい悪循環になります。洗えない時は、天日干しするだけでも効果があります。布団と一緒に干すようにしましょう。

●除菌・消臭スプレーを使う


最も簡単なお手入れは、除菌・消臭スプレーです。洗濯と同じレベルの消臭・除菌効果があるものだと、洗濯できない時の臭いケアにもなるので、とっても便利。洗濯後の仕上げケアにもどうぞ。

布団や枕だと、20回くらい、しっとりするくらいが目安です。シミにならないか心配な時は、目立たない所で試してからスプレーするといいでしょう。

30代で加齢臭が気になるのはショックではあるけれど、臭いを防ぐ生活から始めましょう。まわりを不快にさせることのないよう、臭いエチケットを心がけることが大事です。