ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
消臭どうする? 出張は1泊だから「スーツは1着で」と思ったら、急に延長
出典 : Elnur /Shutterstock.com

消臭どうする? 出張は1泊だから「スーツは1着で」と思ったら、急に延長

出張の予定は1泊。下着と靴下だけを詰め込んで身軽に旅立ったものの、急遽2泊に。しかも、前日の夜は名物のジンギスカンを食べ、ワイシャツはもちろん、スーツもコートもジンギスカンの臭い付き。この緊急事態、どうやってしのいだらいい?

  • 渡邊公子

繊維は臭いを吸収しやすい

繊維は臭いを吸収しやすい

Kei Shooting/ Shutterstock.com

ビール片手にジンギスカンを食べたら大満足! ただ気になるのは、その臭い。ジンギスカンはマトンやラムといった羊肉ですが、クセのある独特の臭いがします。そのクセに病み付きになったりもするのですが、服や髪に臭いが付くのが困りもの。ジンギスカンはその場で焼くため、肉の臭い分子が直接、衣服や持ち物に付いてしまいます。とくに、布製品は臭いを吸収しやすいという特徴があるので、注意が必要です。

煙もくもくの店で臭いを付ないための工夫

煙もくもくの店で臭いを付ないための工夫

yurchello108/ Shutterstock.com

ジンギスカンや焼き鳥、焼肉など臭いが気になる店を訪れたら、忘れずに臭い対策をしましょう。コートは店に預け、スーツの上着とネクタイはすぐに取ってしまいましょう。多くの店では、カゴやかけ布、袋などが用意されているので、その中に入れて臭いからガードします。スーツの上着は表を隠すようにして畳むとより効果的です。

鴨居などに上着やコートなどをかけてしまうと、臭いががっちりと付いてしまうので注意しましょう。また、肉を取る時に袖口から煙が入ってしまいワイシャツ全部に臭いが回ってしまうので、煙を入りにくくするために、袖口を二度ほどまくっておきます。紙エプロンがある場合は最後まではずさないことも重要です。食べ終わって店を出たら、バサッバサッと上着やコートを払います。これだけでも臭い分子がある程度取れます。

付いてしまったスーツの臭いを消臭

スーツに染みこんでいるのは、ジンギスカンの臭いだけでなく、汗やほこりといった複合的なものです。臭いが付いてしまった時はそのまま放置せず、できるだけすぐに取るようにしましょう。出張先のホテルでもできる消臭法を試してみましょう。

ドライヤーを使う

ホテルのバスルームにあるドライヤーを使います。繊維の隙間の空気を入れ替えるために、スーツにドライヤーを当てて空気を飛ばします。これで、かなりの臭いが飛んでいきます。

アイロンのスチームをかける

ホテルでスチームアイロンを借りられるなら、スーツ全体にスチームを当てます。臭い分子は水に付きやすいので、水分の蒸発とともに消臭ができているはずです。

シャワールームに干しておく

シャワーを浴びた後、蒸気が残っているシャワールームにハンガーにかけたままの状態で1時間ほど吊るしておきます。しっとりしたら、そのまま部屋干ししておけば水分ともに臭いも消えます。

●除菌・消臭スプレーを使う
手軽に臭いを除去できるのが消臭スプレー。除菌効果のあるものなら臭いとともに雑菌も処理してくれるので便利です。スーツ上下全体に20回程度まんべんなく吹きかけておきます。風通しの良い場所にかけて自然乾燥させれば、臭いはすっきりなくなっています。

仕事の現場では、急な予定変更も当たり前。万全の臭い対策で、朝にはすっきりしたビジネスマンの顔で出かけましょう。