ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
鉄道ファン垂涎のホンモノの車掌帽をゲット!!臭い(におい)が気になる
出典 : PongsadhornJR

鉄道ファン垂涎のホンモノの車掌帽をゲット!!臭い(におい)が気になる

「鉄ちゃん」「鉄ヲタ」などといわれても、鉄道愛一筋の自分。部屋いっぱいの鉄道コレクションに新しく昭和時代の「車掌制帽」が加わることに。ついにゲットした帽子だけれど、染みついた古い臭いはどうしたらいいでしょう?

  • 渡邊公子

帽子の内側はどうして臭う?

帽子の内側はどうして臭う?

Lapis2380/ Shutterstock.com

帽子が臭くなる原因は頭から出る汗や皮脂。頭皮は体の中でもとくに脂っぽくなりやすく、Tゾーンの倍の皮脂腺があるといわれています。その上、角質細胞がはがれた「フケ」が細菌の栄養となり、汗と皮脂の分解をしていくため、頭の臭いがどんどん強くなります。そこに、髪型を整えるためにつけているジェル、ワックスなどの整髪料が毛穴を詰まらせてしまうため、これも臭いの原因に。それらがかぶった帽子の繊維に染みこんで、帽子が臭うようになります。

気になる臭い対策

気になる臭い対策

AndreyCherkasov/ Shutterstock.com

帽子のケアは、まず洗濯表示をチェックから。手洗いOKなら、ネジ止めの帽章が付いている場合は外して、目立たないところで色落ちテストをしましょう。色が落ちるようならクリーニング店へ出すのが無難ですね。

中性洗剤でやさしく押し洗い

綿など洗える素材であれば、お湯に中性洗剤を入れ、帽子を浸します。汚れが付きやすい部分を中心にスポンジなどでやさしく押し洗いをしていきます。よくすすいだら、バスタオルで包んで、水分を移し取るようにして水気を切ります。

干し方には注意が必要

干す時は型くずれしないように帽子の形に合わせて干していきます。ビニール袋に詰め物をして丸く成形し、そこに帽子をかぶせるか、頭のサイズにあったザルがあれば、それを使って形を整えます。風通しの良いベランダか室内で陰干しします。

洗えない帽子のケア

帽子は立体的に作られているため、水洗いすると型くずれを起こしてしまうこともあり、家庭で洗うのはなかなか難しいですね。やっと手に入れたものならなおさら注意が必要ですから、自信がなければクリーニングに出すのも手です。

【外側はブラッシング】
クリーニングに出すほどの汚れではない場合は、まず、外側に付いたほこりをブラッシングして落とします。生地には必ず目があるので、生地の目と反対にブラシをかけて、ほこりと汚れをはき出し、次に目に沿ってブラッシングして毛並みを整えます。

【内側は濡れタオルで叩く】
内側は頭から出た皮脂やフケなどが付きやすく、額の部分は直接肌に触れるので皮脂が付きます。汚れが気になる部分は濡れタオルでやさしく叩いて、汚れを浮き出させて取っていきます。

除菌・消臭スプレーを使う

大切な帽子を型くずれさせないためにも、除菌消臭スプレーを5~10回ほどスプレーするのがおすすめ。スプレー後は風通しのいい陰干しをして乾燥させておけば、カンタンに菌の繁殖を防げるし、臭い予防にもなります。

古くさい帽子から漂う汗やカビの臭いもこれでしっかり消臭できますね!趣味を気持ちよく楽しむためにも臭いは厳禁です。日頃のちょっとしたケアを心がけましょう。