ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
友人が放った衝撃のひと言「臭い(くさい)」。そういえば、かなり布団干してないかも
出典 : yoshi0511/Shutterstock.com

友人が放った衝撃のひと言「臭い(くさい)」。そういえば、かなり布団干してないかも

平日は仕事があるから布団が干せず、週末は遊びに忙しく、すっかり忘れていた布団干し。遊びに来た友達がベッドに寝ころがって「うわぁ、くせぇ」と失礼なひと言。臭い布団、干さなくても干した気分で消臭する方法ありますか?

  • 渡邊公子

布団はなぜ臭くなる?

布団はなぜ臭くなる?

Parnsasi/ Shutterstock.com

日中仕事をしている一人暮らしの男性にとって、布団を干すのは、難易度が高いですよね。しかし、布団は放っておくとどんどん臭くなってしまいます。その主な原因は汗。「冬は寒いから汗なんてかかない」と思いがちですが、冬でも布団の中は30~33度まで上がります。汗をかくのも当然ですね。

汗が雑菌を繁殖させ布団の臭いの元に

汗が雑菌を繁殖させ布団の臭いの元に

Viacheslav Nikolaenko/ Shutterstock.com

人はひと晩でコップ1杯ほどの汗をかくといわれているので、布団が何となく湿っぽくなるのも当然ですね。そのままにしておくと中で雑菌が増えて、臭いを発し、臭い布団となってしまいます。また、臭いとは別に寒い冬は冷たくなった汗がひんやりとし、体を冷やしてしまうことにもなりかねません。 そんなことにならないように布団に溜まった湿気を逃がしておくことが大切です。

布団の臭いを取り去る方法

布団の臭いを取り去る方法

xieyuliang/ Shutterstock.com

天日干しで臭い取り

仕事をしていると時間がなくて大変かもしれませんが、休みの時にがんばって天日干しをしましょう。天日に当てることで布団を乾燥させ、ダニの駆除にも効果があります。天気のいい日を選んで、10時から14時の間に干すのがベスト。

布団乾燥機や布団クリーナーをかける

冬は天気が良くても日ざしがイマイチなので、なかなか布団を干せる日がない・・・、そんな時に便利なのが布団乾燥機です。重い布団をベランダまで運ぶ手間や天気に左右されることなく、布団をフカフカにしてダニまで退治してくれます。

干したり、布団乾燥機にかけたりした後は、奥に潜んでいるダニや死がいを吸引する必要があります。そのままにしておくとアレルギーの元になることもあるので、しっかりと取り去りましょう。掃除機をかける時は布団専用ノズルや、今流行の布団専用クリーナーを使うのも手。UV付き、赤外線付きといったものもあります。また、リーズナブルに行うなら、掃除機にストッキングをかぶせて使うと布団を吸い込まずに汚れを吸い取ることができます。

除菌&消臭スプレー

より簡単に布団の臭いを取るなら布用除菌&消臭スプレーがおすすめです。有効成分が繊維の中に浸透することで、潜んでいた臭いの発生源となる菌を除去して臭いを消し去ってくれます。布団にはまんべんなく20回程度を吹きかけます。全体的にしっとりとさせたら、後は乾燥させるだけ。出勤前にシュッとすれば、帰宅した時には臭いもなくなっています。

臭いを取り去った布団で寝れば、きっとさわやかに目覚めるはずです。友達にも臭い! と言われなくてすみますね。