ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
明日必要なのにカビ臭くて着られないかも、タンスの奥にしまった礼服
出典 : Pavel Aloshin/Shutterstock.com

明日必要なのにカビ臭くて着られないかも、タンスの奥にしまった礼服

滅多に出番のない礼服。クリーニングに出してそのままクローゼットにしまったのはいいけれど、収納時のカビ臭さが鼻につく・・・。こんなときこそ臭いをリセットしましょう。

  • 渡邊公子

なぜカビ臭い? クリーニングに出した服なのに

なぜカビ臭い? クリーニングに出した服なのに

Andrey_Popov/ Shutterstock.com

年にそう何度も着ることのない礼服。着た後はもったいないなと思いながらも、しっかりとクリーニングに出してタンスに入れておいたのに、取り出してみたら・・・うっ、カビ臭い! こんな時は、ショックですし、何だかソンしたような気分にもなってしまうものです。礼服は急に必要になることが多いので、どうしたらよいでしょうか。

注意! カビ臭いのは服ではなくタンスの中です

注意! カビ臭いのは服ではなくタンスの中です

Borja Andreu/ Shutterstock.com

せっかくクリーニングに出したというのに、なぜカビ臭くなってしまったのでしょうか? じつはこの臭い、タンスの中の臭いなんです。タンスが臭くなってしまう主な原因はカビです。
タンスはいつも閉めきった状態なので、暗く湿気がこもって、空気も流れず、カビにとっては好都合。中で繁殖し、久々に取り出した服にはカビの胞子がウヨウヨと付いて、プーンとカビ臭くなるのです。

服やタンスのカビ臭さを取り去る

タンスの風通し

カビ臭いのは取り出した礼服だけではありません。臭いは元から取る必要があります。タンスの中のカビ臭さをどうにか退治しましょう。天気の良い日にタンスの中のものを全部出して、天日干しします。空っぽになったタンスは戸を開けて空気を入れ換えます。

アルコール水で拭く

タンスの中を水拭きするのに、ただの水を使用すると湿気によってよけいカビが繁殖してしまうかも。そんな時には、アルコール水が便利です。薬局で消毒用アルコールを買い、水110mlにアルコール90ml、合計200mlになるように薄めます。これをスプレーボトルに入れ、乾いたぞうきんに吹きかけて、タンス全体を拭いていきます。後はしっかりと乾かせばOKです。

重曹でタンスの臭い取り

タンスは服の臭いや湿気が溜まります。ガラス容器に重曹を入れて、口をガーゼなどでおおい、ひもや輪ゴムでとめてタンスの隅に置きます。または、布の袋やハンカチで重曹を包んでてるてる坊主状にすれば、臭い取り袋になります。交換の目安は3ヶ月ほどです。

礼服には除菌&消臭スプレーを使う

タンスの大掃除は後日としても。急を要するのが礼服の消臭です。薬局やスーパーで売っている、布用の消臭除菌スプレーが便利です。除菌タイプの消臭剤を使えば、臭いの原因となる雑菌に対しても除菌効果を発揮し、いやな臭いを元から取り除くことができます。
スプレーする目安は上着の片面5回程度。全体的にしっとりしたら、そのまま吊るしてしっかり乾燥させましょう。これでカビ臭さをすっきり落とすことができます。

カビ臭い礼服の臭いの元はタンスです。タンスの中のカビ退治も忘れずに。