ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
放っておくとあっという間にカビや生活臭! 一人暮らし最大の関門が掃除
出典 : Gemenacom/Shutterstock.com

放っておくとあっという間にカビや生活臭! 一人暮らし最大の関門が掃除

張り切って新築物件に入ったのに、いつの間にかゴミだらけ状態。こんな汚部屋は誰にも見せられない、一念発起して大掃除を。ゴミを捨てればいいけれど、カビや染みついた臭いってどうすればいい?

  • 渡邊公子
放っておくとあっという間にカビや生活臭! 一人暮らし最大の関門が掃除

urbans/ Shutterstock.com

カビ臭い原因を突きとめる

家に帰ってドアを開けた瞬間、プーンとカビやゴミの嫌な臭いが・・・。そういえば掃除したのっていつだっけ? 臭っているなら、部屋のどこかに原因があるはず。場所を突きとめることから始めましょう。

まずは掃除をしてゴミを取り除く

まずは掃除をしてゴミを取り除く

Room98/ Shutterstock.com

窓を開けて掃除機をかける

嫌な臭いといえば、タバコの臭い、生ゴミの臭い、トイレの臭い、そしてカビ臭いがあります。これらの悪臭にサヨナラするには、まず掃除から手を付けましょう。窓を開けて換気しながらゴミを捨て、掃除機を隅々までかけます。

臭いはどこからやってくる?

次に臭いの元を探りましょう。キッチンの排水口に生ゴミが溜まっていませんか? バスルームの排水口は臭っていませんか? 臭う場所を発見したら、まずはゴミを取り除いてから、しっかりと洗いましょう。

カビ臭さを掃除で解消

カビ臭さを掃除で解消

icarmen13/ Shutterstock.com

カビが発生しやすい場所

カビは湿気のある場所に発生します。家の中でカビが発生しやすいのは、水をよく使う浴室やキッチン、湿気のたまりやすい下駄箱、押入れ、窓周辺などです。気密性の高いマンションなら、換気に気をつけていても湿気がこもってカビが発生したり臭うことがあります。まめに換気扇を回し、休みの日には窓を開けて換気を良くしてカビを防ぎましょう。

カーテンのカビ防止

冬は特に室内と室外の温度差があるので、結露が起きやすく、窓ガラスについた水滴がカーテンにつきます。カーテンに黒いカビが発生していたら、それは結露が原因です。

これを防ぐためには換気を良くする、窓についた結露を拭き取る、洗えるカーテンなら洗濯をします。

クローゼットのカビ防止

久しぶりにクローゼットを開けたら、何だかカビ臭いと思うことがありますよね。じつはクローゼットは湿気がこもりやすいので、カビも繁殖しやすいのです。服がすき間もなく詰まっていればなおさらです。

まず、天気の良い日に戸を開けて換気をします。中に入っている服が多すぎるときは、思いきって服を出して風通しを良くしたり、掃除機でクローゼットの隅にたまっているホコリを取ったりします。服を元に戻したら、市販の置き型消臭剤や重曹を口の広いガラスの容器に入れてこぼれないようにガーゼなどでおおえば◎

除菌&消臭

部屋から嫌な臭いがする原因は、カーテン、ソファ、布団、服などの布製品や部屋に潜むほこりがカビ臭さや生活臭を吸っているためかもしれません。
ソファやマットレスなど洗濯できないものは、布用消臭スプレーを利用すると手軽に消臭できます。除菌タイプの消臭剤を使えば、臭いの原因となるバイ菌に対して、強力な除菌効果を発揮し、臭いの元を取り除くことができます。カーテンなら20回、コートは10回、全体がしっとりする程度に吹きかけて、乾燥させれば臭いも菌もダブルでケアできます。

消臭してカビ臭さがなくなった部屋は、おどろくほどすっきりさわやか。手軽な掃除テクを身につけて、快適空間を維持しましょう。