ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
花粉症対策に心強い味方発見! 消臭・除菌もできるスプレー
出典 : Antonio Guillem/Shutterstock.com

花粉症対策に心強い味方発見! 消臭・除菌もできるスプレー

毎年憂鬱になる花粉が舞う季節。目鼻が痒いと仕事にも集中できません。そこで今年は心強い味方を投入予定! なんと、花粉の飛散を防ぎながら消臭や除菌までできる優れもの。使い方をマスターして、花粉症に備えましょう。

  • 創文舎 hamo

花粉症持ちにはつらい、憂いの春

花粉症持ちにはつらい、憂いの春

TAGSTOCK1/Shutterstock.com

寒かった冬の終わりがようやく見え始めたと思ったら、間髪入れずにやってくるのが花粉のシーズン。地域にもよりますが、早い所では、2月の上旬くらいからスギなどの花粉の飛散がはじまる所が多いようです。

アレルギー症状がある人にとっては、痒みやくしゃみ、鼻水と闘わなくてはならない、気が重い春。マスクやメガネなどを装着したり、ナイロンやポリエステルなどの表面がツルツルした素材のアウターを着ると花粉がつきづらいといわれていますが、ミクロサイズの花粉は、ありとあらゆる隙間に入り込み、家の中までやってきます。つらい症状を引き起こす花粉の侵入を未然に防ぐには、どのような対策が必要なのでしょうか。

家に花粉を持ち込まない対策

家に花粉を持ち込まない対策

Antonio Guillem/Shutterstock.com

仕事を終え、花粉が飛び交う外からやっと帰宅。一刻も早く中に入りたい気持ちはわかりますが、そのまま家に入ると衣服や体についた花粉まで一緒についてきてしまいます。快適な室内環境を守るためには、家に入る前の花粉対策が大切です。

静電気を予防する

花粉は、衣服や体から発生する静電気に吸い寄せられて付着します。ウールやフリース、ニットなどの凹凸の多い繊維のアウターは避け、表面がツルツルしたアウターが推奨されるのもこのためです。また、繊維と同じように静電気を発生させやすいのが髪の毛です。髪には、目には見えない小さな凹凸があり、繊維と同じように静電気を発生させやすいため、花粉を吸い寄せてしまいます。
静電気を防ぐには、洗える衣類は洗濯する際、柔軟剤を使用することで静電気の発生を抑制することができます。髪も入浴の際、シャンプーの後にリンスやトリートメントをすることで同じように静電気を防ぐ効果があります。また、衣類や髪にスプレーできる静電気防止スプレーも市販されているので合わせて使うとより高い効果が期待できます。

花粉を固めて落とす

玄関先で衣類やカバンなどについた花粉を払い落すのは基本ですが、手やブラシでそのまま払うと、小さくて軽い花粉は舞い上がってしまいます。そこでおすすめなのが、ファブリーズのハウスダストクリア。スーツの上着やジャケットなら、片面に5、6回ずつスプレーし、そのまま玄関にかけて乾かします。
ファブリーズのハウスダストクリアは、他のファブリーズ同様、高い消臭効果と除菌効果を持ちながら、花粉やハウスダストを固め、空気中に舞い上がらせない浮遊防止効果をもった布用消臭スプレー。布製品に適量噴霧するだけで、アレルゲンが空気中に飛散するのを最大95%カットすることができます。
乾燥後は、洗濯やブラッシングでお手入れすることで花粉をさっぱり落とすことができます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

スプレーするだけで、消臭と除菌しながら花粉を固められる、一石二鳥を越えたファブリーズのハウスダストクリア。この春のマストアイテムになりそうな予感がしますね。