ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
たまに洗ったくらいじゃ臭いは取れない、溜め込みがちな男の洗濯物
出典 : Ljupco Smokovski/Shutterstock.com

たまに洗ったくらいじゃ臭いは取れない、溜め込みがちな男の洗濯物

仕事が忙しいと、洗うタイミングがなかなか見つからない洗濯物。休みの日にまとめて洗濯すると、汚れはとれたっぽいけど、臭いが残る・・・。一筋縄ではいかない、ごっそり溜まった男の洗濯物の消臭術とは?

  • 創文舎 hamo

放置している間にますます臭くなる洗濯物

放置している間にますます臭くなる洗濯物

Noor Haswan Noor Azman/Shutterstock.com

脱いだら洗濯物をポンポン洗濯機に投げ入れ、気がつけば週末には洗濯機がこんもり・・・仕事中心の生活を送る一人暮らしの男性は洗濯をするのも一苦労ですよね。

溜まりに溜まった洗濯物をいざ洗ってみると、白くはなるけど臭いが取れない・・・。洗ったのに取れない臭い、その正体は、普通の洗濯だけでは取りきれない繊維の奥に絡みついた皮脂汚れをエサにしぶとく生きる雑菌の臭いです。

雑菌は、適度な湿度と温度、エサになる汚れがあればどんどん増殖します。まずは、洗濯物を保管している環境を見直してみましょう。湿度の高い脱衣所に設置してある洗濯機に洗濯物を入れ、何日も放置していませんか? 雑菌は洗う前の洗濯物の中でも増殖を続けます。洗った時に、増殖した菌を洗い落とせれば臭いは残りませんが、放置することで繊維の奥に入り込んだ雑菌はカンタンには出て行ってくれません。

すぐに洗濯できない時は、洗濯機に洗濯物を入れておかず、バスケットなどの通気性のよい入れ物に入れ湿度の低い場所に置いておくのが得策です。

意外とカンタン! 浸け置き洗い

意外とカンタン! 浸け置き洗い

Ketsarin Jaisat/Shutterstock.com

臭いが取れなくなった洗濯物には浸け置き洗いが有効です。「浸け置き洗い」と聞くと、ちょっと面倒くさそうなイメージがありますが、やってみると意外とカンタン、これだけの手間で臭いが取れるならやってみる価値ありです。

1 洗濯物が浸かる大きさの入れ物に40~50℃のお湯を張り、洗剤と酸素系漂白剤を溶かし入れそのまま1~2時間放置します。
2 時間がきたらそのまま洗濯機に入れ、足りない場合は洗剤を足し、ほかの洗濯物と一緒に洗濯します。

熱に強い素材の場合は、お湯の温度を上げるとさらに殺菌効果が高まります。また、干す時にもう一工夫することで、消臭効果を格段にアップさせることができます。

脱水後、洗濯物を広げシワを伸ばしたら、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをシャツなら5~6回スプレーし乾かします。濡れた状態の洗濯物にファブリーズをスプレーし乾かすことで、乾燥するまでに発生する雑菌を抑制し、繊維の奥に残った雑菌にもさらなる追い討ちをかけます。

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

浸け置き後、ファブリーズをスプレーして乾かせば、臭い残り対策はバッチリ! 消臭効果の高いファブリーズMENシリーズなら、男性でも違和感のない香りや無香タイプもあるのでおすすめです。