ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
気温差の激しい時期。帰宅後のスーツは汗の臭いがプーン
出典 : Pressmaster/Shutterstock.com

気温差の激しい時期。帰宅後のスーツは汗の臭いがプーン

昼夜の寒暖の差が激しく、外気と室内の温度差も大きい冬から春への季節の変わり目。寒さに備えて着こんでいくと思わず汗をかいてしまうことも。帰宅後はしっかり消臭してスーツを休ませましょう。

  • 創文舎 hamo

春先は寒暖差と臭いやすい汗に注意!

Elnur/Shutterstock.com

まだまだ寒い日が続きますが、時折感じる温かい日の光に春の訪れを感じる冬の終わり。衣替えにはまだ早いけど、がっちり冬服だとちょっと暑いかなと思う日もちらほら出始める時期です。

とくに、朝晩が寒く、昼間は少し気温が上がる日が増え、保温力の高い冬物のコートとスーツを着込んで歩くとちょっと汗ばむことも。その汗を放置したままにすると、Yシャツばかりか、スーツにまで汗の臭いが移ってしまいます。

そして、注意しなくてはいけないのが汗の質。冬の間は、夏と違い積極的に水分をとることが少なくなります。加えて空気が乾燥するので体自体を保湿するために水分が使われ、体内の水分は少なくなります。結果的に汗の濃度が濃くなり、アンモニアやタンパク質、皮脂などの臭いの原因物質を多く含んだ汗をかきやすくなっているのです。

臭い汗は放置厳禁!

季節の変わり目の汗対策は、まずは、体温調節しやすい服装を心掛けることです。着脱しやすい重ね着や、コートのライナーを取り外すなど、その時々の温度に応じて臨機応変に対応することで汗の分泌を最小限に抑えましょう。

汗をかいてしまった場合は、こまめに汗を拭き取ることで体臭を防ぐことができます。乾いたハンカチなどで汗を拭くと、一層肌を潤そうと汗が出る上、拭いても水分しか拭き取れないので、水分を含んだタオルや携帯用の汗ふきシートで、汗と一緒に皮脂汚れや雑菌を丸ごと拭き取るのがおすすめです。

cunaplus/Shutterstock.com

汗をかいた日は、帰宅後のスーツのお手入れをいつもより入念に。ブラッシングでホコリを取ったら、汗を吸いこんだ部分に水で濡らしたタオルをあて軽く叩きます。その後、乾いたタオルで水気を拭き取り、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをスーツの上着の内側と外側に5、6回ずつスプレーし風通しの良い場所で乾かしましょう。

ファブリーズは、体臭の消臭に効果を発揮するポリマー消臭成分を配合しており、繊維に絡みついた臭い分子を分解・中和し臭いの元から除去します。また、布に付いた菌を除菌する実験でも99.9%の効果が実証されており、スーツに付着した臭いの原因菌も一掃してくれます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

スーツはクリーニングに出し過ぎず、1日着たら2日ほど休ませるのが長持ちさせるポイントです。ファブリーズでホームクリーニングした後はスーツを休ませて、さわやかな着心地をキープしましょう。