ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
加齢臭が原因!? 社内ミーティングでますます広がる女性社員との距離
出典 : Jason Salmon//Shutterstock.com

加齢臭が原因!? 社内ミーティングでますます広がる女性社員との距離

最近、自分でも気になる加齢臭。以前はパソコンのレクチャーや相談事など、親しく接してきた女性社員。ところが、最近、近くに行くと距離をとられている気が・・・ミーティングでも半径2m以内は男ばかり・・・これって加齢臭のせい?!

  • 創文舎 hamo

加齢臭は臭くない?

加齢臭は臭くない?

Sunabesyou/Shutterstock.com

40代を過ぎると、発生しやすくなるという加齢臭。原因は、カンタンにいうと皮脂の酸化にあります。若い年代でも、皮脂の酸化は日常的に起きることですが、皮脂を酸化させる物質の分泌が盛んになるのが、ちょうど40代を過ぎた頃で、そのため加齢臭が発生しやすくなるそうです。

しかし、意外なことに加齢臭単体の臭いはそれほど臭くないといわれています。形容するなら「枯草」の臭いに近いといわれ、どこか青臭いような、脂っぽさとはまた違った臭いが加齢臭の特徴。やっかいなのは、加齢臭と汗臭さが混じりあう混合臭なのです。

中年男性の臭いは、加齢臭だけではなく、汗の臭いやたばこの臭い、焼き肉などの食べ物臭や口臭、頭髪臭などが入り混じった複雑な臭い。そのどれもが、本人から発せられる臭いに間違いありませんが、これらの臭いを溜め込み発散させているのは、じつは「衣類」なのです。

入浴時に一生懸命加齢臭を洗い流し、髭を剃ったりヘアスタイルを整えて身なりに気を使っても、着ていくスーツが臭くては、オフィスで「臭い上司」と思われてしまっても仕方ないのです。

女性社員に距離を感じたら臭いに注意

<全国の20~40代の女性社員300人と男性管理職100人を対象にした「スーツの臭い」についての調査>

<全国の20~40代の女性社員300人と男性管理職100人を対象にした「スーツの臭い」についての調査>

P&Gが行った全国の女性社員と男性管理職を対象にした調査(※1)によると、男性社員の衣類の臭いが気になっても、その臭いを指摘した経験のある女性は全体の8.0%に留まり、ほかの92.0%の女性は臭いを感じても黙っているという統計結果がでました。気を悪くさせたくないという配慮や仕事上の人間関係など理由はさまざまですが、言葉に出さないだけで、「臭い」という事実は女性社員の行動にあらわれているようです。

全国の女性社員と男性管理職を対象にした調査
ほかの92.0%の女性は臭いを感じても黙っている
「臭い」という事実は女性社員の行動にあらわれているようです
<全国の20~40代の女性社員300人と男性管理職100人を対象にした「スーツの臭い」についての調査>

<全国の20~40代の女性社員300人と男性管理職100人を対象にした「スーツの臭い」についての調査>

同様の調査によると、臭う上司と臭わない上司では、取りたい距離が20~40cmという大きな差が出ています。
女性は本来、男性と比べ相手との距離感が近い方が「心地よい」と感じ、コミュニケーションも取りやすくなるそうです。臭いが原因で距離ができると業務にも支障をきたしかねません。

<全国の20~40代の女性社員300人と男性管理職100人を対象にした「スーツの臭い」についての調査>

<全国の20~40代の女性社員300人と男性管理職100人を対象にした「スーツの臭い」についての調査>

また、男性社員の臭いが気になる時の自身の仕事への影響ついては、コミュニケーションや士気の低下が如実にあらわれ、臭いが与える仕事や人間関係への影響は深刻なものといえそうです。
※1:P&Gニュースリリース 全国の女性社員・男性上司に聞く「職場における臭い調査」より

男の加齢臭には男性専用のスプレーが効く!

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

女性社員の信頼と士気を取り戻すためにも、職場での衣類の臭いケアは必須のようです。加齢臭を含む男の混合臭には、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーシリーズ最高の消臭パワーを誇る、ファブリーズMENがおすすめです。男の5大臭といわれる、体臭・加齢臭・汗・たばこ・焼き肉の臭いに特化し、繊維の奥に染み込んだ臭い分子を分解・中和し、臭いを根本から解消します。

着用後毎日、スーツのジャケットには、片面5、6回ずつ、スラックスには10回程度スプレーし陰干しすると、翌日には、しつこい混合臭がすっかり消え去っているはずです。

女性は男性以上に鼻が利きます。これまで臭いを指摘されたことがなくても、年齢に応じた臭いケアはオフィスでのエチケット。スプレー習慣を身につけ、身近な上司であり続けましょう。