ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
体臭を気にしてつけた男性用の香水。臭いが混じり合って、余計に迷惑?!
出典 : Duplass/Shutterstock.com

体臭を気にしてつけた男性用の香水。臭いが混じり合って、余計に迷惑?!

職場で話題のスメハラ。少しでも体臭には気を使おうと香水をつけ始めたら、前より一層女性社員の視線が厳しくなったように感じます。これってもしかして逆効果?!

  • 創文舎 hamo

無自覚なまま進行する体臭ハラスメント

無自覚なまま進行する体臭ハラスメント

Mangostar/Shutterstock.com

臭いが原因で他者に不快な思いをさせることを指す、スメルハラスメント。近頃は、オフィスで深刻な問題として取り上げられることが多くなりました。この問題の難しいところは、加害者本人が、自分が出している臭いに無自覚である場合がほとんどであることです。また、周囲も迷惑を被っているのにも関わらず、デリケートな問題であるがゆえに、本人に直接指摘しづらいのです。

臭いは嗅ぎ慣れてしまうと無感覚になる性質があります。自宅の臭いがいい例で、他人の家に行くと必ず感じる何かしらの臭いも、自分の家では何も感じず、臭いのない家だと思い込んでしまいます。これは、臭いが無いわけではなく、鼻が慣れてしまっているだけ。生活臭のない家はほぼありえません。

これと同じことが体臭にもいえます。生活臭以上に常に嗅いでいる自分の臭い。鼻が慣れているのも当然で、自分自身の臭いはわかりません。
わからないなりに、臭いに気をつけようとする姿勢は素晴らしいのですが、対処の仕方によっては逆効果になる場合もあるようです。

香水はNG? オフィスでの臭いケア

香水はNG? オフィスでの臭いケア

Africa Studio/Shutterstock.com

オフィスで働く女性たちは、やはり臭いに敏感なようです。P&Gが行った全国のOLとビジネスマンを対象に行った調査によると、女性たちの86.7%は、男性が衣類の臭いケアをすることを望んでいるようです。それを受け、男性たちの臭い対策に対する意識も前向きで、75.7%の人たちが臭いケアに関心を持っています。

P&Gが行った全国のOLとビジネスマンを対象に行った調査
男性たちの臭い対策に対する意識
<全国のOL・ビジネスマン各300人に聞いた「臭いに関する男の勘違い調査」>

<全国のOL・ビジネスマン各300人に聞いた「臭いに関する男の勘違い調査」>

臭いケアというと、「香水」を思い浮かべる人が多いかもしれません。香水はそもそも、それ自体の香りを楽しむというより、香水の香りと体臭がブレンドされた香りを演出するもの。しかしながら、香りの好みや香水と体臭の相性など、その良し悪しを判断する基準は個人によるところが大きく、オフィスで普段使いするのに向いているとはいえません。

現に、アンケートの結果を見ても、香水やコロンを支持する人はわずか3.3%で、それ以外の多くの人が消臭スプレーによる香りを残さない臭いケアを求めています。

衣類の臭いケアで「体臭ゼロ」を目指す

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

香りを残さない衣類の臭いケアなら、ファブリーズの男性用布用消臭スプレー「ファブリーズMEN」がおすすめです。ファブリーズの長年の研究により、効果的な消臭成分6つが配合された、ファブリーズの中でも最強クラスの消臭効果をもつ男性用シリーズ。

体臭や加齢臭、汗の臭いはもちろん、たばこや焼肉の臭いなど、男性につきやすい臭いに特化した強力な布用消臭スプレーです。香りが残らない無臭タイプもあるので、臭い混じりを気にせず思う存分消臭できます。

スーツの場合は、帰宅後、上着に片面ずつ5、6回、スラックスに10回程度スプレーし陰干ししておくだけで、翌日には臭いがスッキリ解消されています。

自分ではわからないスメハラも、毎日のファブリーズ慣でしっかり予防。衣類の除菌もできるので、洗濯したてのように気持ちよくスーツを着られそうですね。