ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ハンチング帽子って洗濯OK?自宅での洗濯方法と日々のお手入れ方法について
出典 : Rachata Teyparsit/Shutterstock.com

ハンチング帽子って洗濯OK?自宅での洗濯方法と日々のお手入れ方法について

これからの季節活躍する、かぶるだけでオシャレ度がアップするハンチング帽。一つは持っておきたいアイテムですが、気になるのがその洗濯方法とお手入れ方法。手軽なケアで臭いをスッキリさせたいけど、帽子は型崩れが心配。

  • 創文舎 hamo

ハンチング帽、お手入れや洗濯は必要?

帽子を洗濯機にポイはNG?

CREATISTA/Shutterstock.com

帽子は素材の問題だけでなく、型崩れの心配もあり、洗うのに躊躇してしまいがちです。

しかし、汗をかいた帽子は頭皮やフケなどをエサに雑菌が活発に活動を始め、嫌なニオイを放ちます。そのままにしていたら、繊維の奥に菌が染み付き、洗ってもニオイが取れなくなり、生地が傷む原因にもなるので、早めの洗濯・お手入れが必要です。

ハンチング帽の洗濯方法

帽子に負担をかけないデイリーケア

AS Food studio/Shutterstock.com

素材やつくりによっては、洗えるものもありますが、洗濯機で洗えるものは少なく、ほとんどが手洗いを推奨しています。とくに、ハンチングやキャスケットなどは型崩れしやすく扱いに注意が必要です。

洗濯の手順

まずは、帽子についている洗濯表示を確認しましょう。手洗いマークがついていれば自宅での洗濯が可能です。

1. 中性洗剤を使って、やさしく手洗いをしましょう。

2. 干す時は、帽子の中に詰め物をして、陰干しすれば、型崩れの心配はありません。

汚れや臭いが気になった時やシーズンの終わりに洗濯するのがおすすめです。型崩れが心配だったり手洗いに自信がない場合は、クリーニング店に相談してみるのもいいでしょう。

洗濯が可能な場合でも、しょっちゅう洗うと生地の劣化や型崩れにつながります。普段は帽子に負担をかけない方法で手入れしていきましょう。

ハンチング帽のお手入れ方法

ハンチング帽のお手入れ方法

使うたびに洗濯するのは、記事の劣化や型崩れにつながりますので、お手軽なデイリーケアも押さえておきましょう。

洗濯不可のハンチング帽のケアとしても有効です。

お手入れ手順

1. 表面についたホコリを衣類用のブラシで払い落とす。ブラシがない場合は、手で軽く払ってもOK

2. 汗や皮脂汚れが気になる場合は、濡らして固く絞ったタオルで額や頭に密着する部分を拭き取ります。汚れがひどい場合は、裏に乾いたタオルをあて、薄めた洗剤を浸し絞ったタオルで叩くように汚れを落とし、最後に濡らしたタオルで洗剤を落とします。帽子が濡れないよう注意して行ってください。

3. 乾いたタオルで全体の水分を拭き取り、帽子の内側と外側に5、6回ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを噴霧します。あとは形を整え、風通しの良い場所で平干ししておきましょう。

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、汗の臭いや体臭を効果的に消す消臭成分が配合されています。とくに、男性用に特化したファブリーズMENはクリーニングした時とほぼ同等の強い消臭効果が、第三者機関の実験によって実証されています(※1)。

汗や皮脂が付着した帽子は菌の温床になりやすいアイテム。消臭と同時に除菌もできるファブリーズで日常のケアをし、型崩れを気にせずお洒落を楽しみましょう。

※1:P&Gホームページ マイレピ「クリーニング級消臭! ファブリーズMEN」より

まとめ

お洒落な人は、アイテムの手入れも怠らないもの。せっかくのお気に入りの帽子も臭いと気分が下がってしまいます。普段のカンタンケアで心地よさをキープしましょう。