ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
捨てるその前に消臭してみて!洗っても取れないワイシャツの襟の臭い
出典 : Elnur/Shutterstock.com

捨てるその前に消臭してみて!洗っても取れないワイシャツの襟の臭い

長く着ていると染み付いてしまう汗の臭い。とくに、スーツの下に着るワイシャツは首に直接触れる分、汗や皮脂を吸収しやすいもの。臭いが取れないからと諦める前に、洗濯後にシュシュッと消臭ケアをお試しあれ!

  • 創文舎 hamo

洗っても取れないワイシャツの臭い

洗っても取れないワイシャツの臭い

Sofi photo/Shutterstock.com

襟汚れも目立ってきたし、何度洗濯しても臭いが取れない・・・。もう、このワイシャツもそろそろ寿命かも。
毎日スーツを着ていると、ワイシャツを消耗品のように扱いがちですが、そのワイシャツは本当にもう着られないのでしょうか? 襟や袖口などの汚れが多少気になっても、まだ捨てるのには惜しいワイシャツが多くありませんか?

襟汚れや袖口などの黒ずみは、固形石けんなどを使い、ブラシなどで擦り洗いすれば取れますが、もっと頑固なのがワイシャツに染み付いた臭い。洗濯したての時は、洗剤の香りがして臭いにおいは気になりませんが、一度ワイシャツを着て数時間経つと、どこからともなく復活する、あのイヤな臭い。あの臭いを消臭しない限り、ワイシャツは捨てられる運命から逃れることはできません。

ワイシャツに蓄積していく雑菌臭

ワイシャツに蓄積していく雑菌臭

Arturs Budkevics/Shutterstock.com

ワイシャツについた臭いは、なぜ洗濯しても落ちないのでしょうか。それは、ワイシャツの繊維の奥に蓄積される菌が原因です。

ワイシャツを着て汗をかくと皮脂と合わさり、臭いの原因となる雑菌が繁殖します。最初のうちは、洗濯することで雑菌が落ち、臭いは消えますが、何度も繰り返し着ているうちに徐々に雑菌が繊維の奥にこびりつき、取れづらくなっていきます。臭いが取れないなと感じる頃には、菌が染みつき、普通の洗濯では洗い落とせなくなっています。
衣類についた菌由来の頑固な臭いは、どうしたら落とすことができるのでしょうか。

雑菌臭は浸け置き&スプレーで徹底消臭

臭いの取れなくなったワイシャツは、いくら漂白剤を入れても洗濯機では臭いを取ることはできません。洗濯機で洗う前に、容器に50℃前後のお湯をため、酸素系漂白剤を溶かし、1~2時間浸け置きしてから洗濯機で洗うと、繊維の奥まで漂白剤が浸透し臭いを抑制することができます。

さらに、脱水が終わった後、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを気になる部分に5、6回スプレーしてから干すようにすると消臭効果が高まります。

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

ファブリーズは、布に付着した雑菌を99.9%除菌できる消臭除菌スプレー。洗濯で取れ残った雑菌や、乾くまでに増える雑菌をまるごと除菌し、菌由来のイヤな臭いを徹底消臭します。

シリーズの中でも、男性用に開発された「ファブリーズMEN」は、とくに消臭効果が強く、汗以外にも加齢臭やたばこ、焼肉の臭いなど男性の気になる臭いをしっかり消臭する6つの消臭成分が配合されています。浸け置き洗い以外の普段の洗濯でも、乾かす前にスプレーすることで、衣類に臭いを溜めこみづらくします。

ファブリーズ1本用意しておけば、ワイシャツはもちろん、スーツやアウターの消臭にも大活躍。洗濯後の消臭をルーティーンにして、雑菌臭からワイシャツを守って長持ちさせましょう。