ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
フリーランスは、ジーンズが定番。悪臭を感じるのはヘビロテが原因かも…
出典 : FlyingFifeStudio/Shutterstock.com

フリーランスは、ジーンズが定番。悪臭を感じるのはヘビロテが原因かも…

ジーンズが臭うのは、雑菌が原因です。雑菌は生地をダメにするため、長く大切に穿きたいならケアは重要! 服装が自由なフリーランスでも、第一印象は清潔感がポイントです。

  • 創文舎 arisa_125

悪臭はNG! 服装が自由な分、清潔感は保ちたい

フリーランスは、ジーンズが定番。悪臭を感じるのはヘビロテが原因かも…

gowithstock/ Shutterstock.com

デザイナーやライターなど、フリーランスとして活動する人はとかく服装が自由。ちょっとした打ち合わせならジーンズにブレザーというスタイルもよく目につきます。ただ、「ジーンズは洗わない方がいい」との通説を守って穿き続けていると、自分が悪臭の発生源にもなりかねません。

そもそも作業用として生まれたジーンズは、汗の吸収がいい綿素材でできているため、ヘビロテで穿いていると、汗だけでなく、皮脂も汚れも付着し、悪臭の原因となる雑菌が繁殖してしまいます。

苦労して穿きこんだジーンズをゴシゴシ洗うことに抵抗感を覚える人も多いと思いますが、実は適度に洗った方が生地も傷まず、長持ちするそうです。

日に日に暖かくなり、汗もかきやすくなるこれからは、マメな洗濯は控えても、毎日のケアは欠かせません。「理想の色落ちと風合い」を追求するためにも、ジーンズの取り扱い方法はしっかりとマスターしておきたいものですね。

ジーンズのケアと消臭対策

穿きこんで育てるのがジーンズのだいご味。衛生面を考えながら、自分好みのジーンズに仕上げていきましょう。ただし、「汚れ」と「臭い」は禁物です。

ジーンズのケアと消臭対策

cgdeaw/ Shutterstock.com

1.酢を入れて洗う

新品でも、古着でも、ある程度穿きこんだら洗濯するのがおすすめです。色落ちが気になる人は、汚れた部分だけをもみ洗いするのもいいでしょう。丸洗いする時は、できれば手洗いで。洗剤は中性洗剤か専用の洗剤を用意し、それに色止めによく用いられる酢を加えてみてください。酢には防カビや消臭効果があり、大切なジーンズを守ってくれます。洗い方は次の通り。

【洗い方の手順】

1.タライかバケツにジーンズが浸る程度のお湯(50~60℃)を入れ、小さじ1杯程度の穀物酢と洗剤を入れて、押し洗いした後、30分程度つけ置きする。
2.水が透明になるまで、すすぎを繰り返す。
3.なお、手洗いだと、脱水が大変なため、洗濯機のソフトコースやドライコースを使ってもいいでしょう。この場合、ジーンズを裏返しにした状態でネットに入れ、洗剤を使わずに洗うこと。
4.陰干ししてしっかり乾燥させる。

2.スチームアイロンで消臭

洗濯をしないで消臭する時は、臭いが気になる部分にアイロンのスチームを当てましょう。高圧の水蒸気が一気に服の奥に入り込み、効果的に臭いを追い出してくれます。なお、アイロンを使う時はジーンズを裏返しにすること。アイロンをかけ終わったら、陰干しして乾かしてください。

スチームアイロンで消臭

Shliakhtun Volha/ Shutterstock.com

臭いの原因菌を断つことも大切!

3.消臭スプレーを使う

毎日のケアには消臭スプレーが一番です。布用消臭スプレー「ファブリーズ」なら除菌効果もあるため、吹きかけるだけで、まるで洗濯をしたかのような仕上がりに! 乾かす前にスプレーすれば、生乾きのイヤな臭いを抑えてくれるとともに、繊維の奥までしみ込んだ汗や体臭の臭いも取り除いてくれます。穿いた後に使用する習慣をつけましょう。

消臭スプレーを使う

会社勤めと違い、お洒落を楽しめるのもフリーランスの特権ですが、社会人である以上、着用する洋服は、TPOに合わせて選びたいものですね。