ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
やらなきゃ悲惨!レンジフード掃除のキホン
出典 :  chromatic/Shutterstock.com

やらなきゃ悲惨!レンジフード掃除のキホン

やらなければいけないことはわかっているけれど、何かと億劫なレンジフード掃除。じつは、洗剤使いを工夫すれば意外にカンタン。いまさら人に聞けないレンジフード掃除のノウハウを覚え、清潔なキッチンを目指しましょう!

  • terasaki

レンジフード掃除しないとどうなる?

レンジフード掃除しないとどうなる?

レンジフード掃除の目安は、表に出ている本体は毎日、レンジフィルターは3ヶ月ごとです。掃除をした日が思い出せない人は要注意! レンジフードの掃除を行わないといろいろな弊害が起こります。

●換気効率ダウン

換気フィルターに油がたまると、換気扇にも油がまわり、うまく運転が行えなくなります。行き場がなくなった油がまわり、壁や天井にベタベタ汚れが付きます。

●雑菌、カビ

レンジフード内の油汚れは、雑菌やカビを繁殖させます。その雑菌だらけの油が料理中、気がつかずに鍋にポトリと落ちれば口に入ることも。雑菌やカビはアレルギーも引き起こすので、早急な対策が必要です。

●最悪火事の可能性も!?

フィルターにたまった油は、酸化しています。酸化してこびりついた油は引火しやすく最悪の場合は、ガスコンロの火が飛び火して火災を起こす危険性がないとはいえません。

そんなことが起こる前に、レンジフード掃除を行いましょう。ぎっしりと網目に詰まったベタベタ汚れも取る方法があります。

掃除の前の準備を念入りに

掃除の前の準備を念入りに

●養生する

掃除をしばらくしていなかったレンジフードならば、カバーを外すと油が垂れ落ちることもあります。キッチンを汚さないよう、新聞紙やビニールで壁やガスコンロにカバーをしておくと安心です。

●部品を外す

フィルターやオイルポット、照明カバーなど外せるものはすべて外しておきましょう。高い所にあり、汚れやすい場所の掃除です。掃除に必要なものはすべて最初からそばに置いておくと便利です。

レンジフードの部品を重曹でつけ置き洗い

レンジフードの部品を重曹でつけ置き洗い

レンジフードの汚れは油がメインです。酸性の油を中和させるためには、アルカリ性の洗剤を使用すると油汚れに効果的に働きます。レンジフード用のさまざまな洗剤が市販されていますが、強い洗剤を使いたくないという人は重曹も効果的です。

●外側はパック

レンジフードの表に出ている外側部分は、中性洗剤を薄めた水で洗った布巾で拭くだけです。すでにベタベタになっている場合は、重曹をぬるま湯で溶いた重曹水をキッチンペーパーに染み込ませて、レンジフードにまんべんなく貼ります。

しばらく置いたのち、キッチンペーパーごとふき取り、最後にしっかり乾拭きすればベタベタ汚れもスッキリします。

●レンジフードカバー

油汚れがたまりやすいレンジフードカバーやオイルポットは、お湯をかけて汚れをゆるめたら、中性洗剤をつけたスポンジで洗い流します。

びっしり油がこびりついた汚れならば、重曹でつけ置き洗いをします。塗装が油と一緒に剥がれやすくなっているので注意をしながら行ってください。

お湯の中に重曹を溶かし、その中に部品をつけ置きます。お湯の温度が高ければ高いほど、重曹の効力は高くなりますが、重曹はアルミ製品を変色させる性質があります。レンジフードの素材を確認して、お湯の温度、つけ置く時間の長さを調整してください。

●内側の掃除

レンジフードの内側にもあらゆる場所に油が付着しています。外側同様、重曹を染み込ませた、キッチンペーパーパック行い、汚れを取りましょう。

レンジフードの汚れ予防のアラカルト

レンジフードの汚れ予防のアラカルト

●外付けフィルター装着

掃除を終えたら、外付けのレンジフィルターを取り付けるのがおすすめです。高性能のフィルターを定期的に交換しておけば、フィルターが油を吸収するので、中の換気扇はほとんど汚れていないままの状況を保て、換気扇掃除がグンと楽になります。

●コーティング

換気扇掃除を業者に頼むと、仕上げに油汚れを防ぐコーティングをしてくれます。市販のコーティング剤もありますが、自分で行う時は注意書きを読んで気をつけて行いましょう。

すべての掃除に共通していますが、日々のお手入れが、掃除をカンタンにする一番の近道です。安全で清潔なキッチンを目指したいですね。