ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
わが子がハウスダストアレルギー!? 原因と対策は?
出典 :  ambrozinio/Shutterstock.com

わが子がハウスダストアレルギー!? 原因と対策は?

今や国民の2人に1人が何らかのアレルギーを抱えているといわれています。アレルギー疾患は、年々増えており、気管がまだ未熟な子どもにその傾向が強く見られるようです。中でも患者が多いといわれる、ハウスダストアレルギーは、どういう症状で、どんな対処法があるのでしょう?

  • terasaki

ハウスダストアレルギーの症状と原因

ハウスダストアレルギーの症状と原因

家の中にあるホコリ、ダニ、カビ、細菌などが、体内に入った時に、体に備わっている免疫反応が過剰に反応し、以下のような症状を引き起こすことををハウスダストアレルギーといいます。アレルギーの症状は数種類あります。

【小見出し】●アレルギー性鼻炎


立て続けに起こるくしゃみ、水のような鼻水、鼻づまり、鼻の奥がむずむずする、喉のかゆみなど。とくに朝の起きたてにはよく起きる症状です。


●アレルギー性結膜炎

目やまぶたに強いかゆみが起きます。かゆみをこすっているうちに痛みや充血をともなうため、さらにさまざまな症状を引き起こします。

アレルギー性皮膚炎

顔や首、膝のうらや肘の内側など、一部の皮膚が乾燥し、強いかゆみを起こします。掻くことにより新たな刺激が生じさらに、かゆくなります。掻き壊すと細菌に感染して悪化することも。

●気管支喘息

ダニの死骸、ダニのフンなどを吸い込むことにより、気管支が炎症を起こし狭くなり、呼吸困難、激しい咳き込み、痰などを引き起こす疾患です。幼児の場合、小児喘息に移行してしまう子どもが多いようなので、気になったらすぐに医療機関を受診しましょう。

ハウスダストアレルギーの診断は?

ハウスダストアレルギーの診断は?

ハウスダストアレルギーは、花粉症やその他のアレルギー疾患の症状と似ています。しっかり対策をとるためには、何がアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)になっているか、詳しく知る必要があるので、病院で診断してもらいましょう。

アレルギー検査は、アレルギー科、小児科、内科、耳鼻科、皮膚科などで検査を受けることができます。


●血液検査

ハウスダストアレルギーが疑われる場合は、「ヤケヒョウダニ」もしくは「コナヒョウダニ」にアレルギーがないか、血液検査で調べます。ただ、血液検査では陰性になってしまうケースもあるそうなので、より詳しく知るためには、皮膚テストを行いましょう。

●皮膚テスト

皮膚にアレルゲン(ダニのエキス)を接触させ、反応を見る検査です。皮膚が腫れる、赤くなるという反応が出たら陽性です。

ハウスダストアレルギーの治療法は?

ハウスダストアレルギーの治療法は?

●アレルゲンからの回避

大切なことはアレルゲンの排除です。自宅のホコリ、ダニを可能な限り排除して、アレルゲンに近寄らせないようにしましょう。

●対症療法

症状に合わせて医療機関で受診し、適切な治療薬を用います。アレルギー性鼻炎の症状が強い場合はレーザーを使った治療なども有効とされています。

●アレルゲン免疫療法

アレルギーの原因を投与する治療法です。この免疫療法は皮下免疫療法や舌下免疫療法などがあるので、まずは診断を受けるため専門医に相談しましょう。

効果的な掃除でアレルギーの原因を排除

効果的な掃除でアレルギーの原因を排除

ハウスダストアレルギーにとって、何より大切で、カンタンに対応できるのが、自宅の掃除です。

●空気が動かない時に掃除を

ホコリやゴミからダニの死骸、フン、カビの胞子など目に見えないものまで、ハウスダストは私たちが動くたびに舞い上がっています。そのため、起床後や、帰宅後などハウスダストが空中を舞っていないタイミングに掃除をするのが効果的です。

●掃除機の前にモップ

いきなり掃除機をかけると排気の風などでハウスダストが舞い上がってしまいます。まずはモップや乾いたワイパーなどで床のハウスダストを取り除き、仕上げに掃除機をかけます。

●隠れた場所のホコリも

高い家具の上面、天井の四隅、電気のカバーなどにもホコリが溜まっています。湿気や油分でこびりついてしまう前にホコリを除去しておきましょう。また、エアコンや換気扇のフィルターについたホコリも取り外してしっかり掃除しましょう。

●掃除以外にできること

ハウスダストアレルギーの家族がいたら、ラグやカーペットを敷かない。布団は洗えるものを使用する、できるだけ部屋の空気を入れ替えるなど防ダニの工夫を徹底する必要があります。空気清浄機や除湿機を稼働させるのも有効です。

自身含め家族がアレルギー症状で苦しむ姿は、見たくありませんよね。掃除の仕方次第で症状の改善が見込めるなら、最大限の注意で原因を取り除いてあげたいものです。