ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車についた魚の臭いを消したい! 困った時の消臭方法
出典 : Parilov/Shutterstock.com

車についた魚の臭いを消したい! 困った時の消臭方法

ドライブがてら出掛け、釣りをする有意義な休日も、車が魚臭くなってしまっては残念過ぎます・・・。臭いの消し方を知ってフィッシングを楽しみましょう。

  • 創文舎 hamo

車についた魚の臭いが気になる!

魚の臭いは取れにくい腐敗臭

ViDi Studio/Shutterstock.com

“魚臭さ”の正体

魚を触った後に手に残る、あの思わず顔を背けたくなる生臭いニオイ。魚はみんなあの臭いがするように感じますが、じつは、そうではありません。寿司や刺身があまり生臭くないのは、新鮮なうちに調理しているから。

実際、生きている魚や釣ったばかりの魚は、それほど臭くはありません。魚が死んで死後硬直が起こり、それが解けはじめると、魚の体に細菌が増えはじめ、細菌が魚を分解することで生臭い魚の臭い「アミン臭」を発生させているのです。

手についた魚臭さが車にうつる

アミン臭は、手などにつくと、細かい凹凸やシワなどに入り込み、普通に水や石けんで擦り洗いした程度では取れない厄介な臭い。

手に臭いがついたまま車に乗り込むと、ドアのレバーやハンドル、シフトレバーなど、車のありとあらゆるところに臭いがついてしまいます。後片付けが終わったら、手についた魚の臭いをしっかり落としてから車に乗り込むのが大切です。

手に残る魚の臭いを消す方法

手に残る魚の臭いを消す方法

timquo/Shutterstock.com

手についた魚の臭いを取るには、物理的に取る方法と化学的に取る方法の二通りがあります。どのような方法なのか具体的に紹介していきましょう。

道具を使い物理的に消臭する

手についた臭いの原因を直接取り去る方法です。臭いがついたばかりの時は、除菌消臭作用のあるウェットティッシュで強めに拭き取れば、大方臭いは取れます。釣り具専門店などに、魚の臭いに特化したウェットティッシュもあるので一つ用意しておくと安心です。また、臭いがついて時間が経ってしまった場合は、ハンドブラシなどを使い石けんをつけて擦り洗いしましょう。皮膚の溝についている臭い成分を掻き出すようにブラシで洗うと効果的ですが、肌も傷めやすいので注意が必要です。

ステンレスソープで消臭する

洗剤などの洗浄力で臭いを取るのではなく、化学反応で臭いを消す方法です。ステンレスソープは、ステンレスを丸く形成したものですが、水で洗い流しながら手とステンレスを擦り合わせることで、触媒反応が起こり、嫌な臭いを吸着し洗い流してくれます。錆びることもなく、半永久的に使うことができます。水さえあればどこでも使えるので、釣りやアウトドアに携帯していくと便利ですね。

車に魚臭さをつけないための徹底予防法

車に臭いをつけたくないなら徹底予防

Proshkin Aleksandr/Shutterstock.com

竿や道具を水洗いしてから車に載せる

手についた臭いは上記の方法で、何とか落とすことができますが、車のトランクやシートなどに魚の臭いがついてしまうと、なかなか落とすことはできません。そうならないためにも、徹底的に予防することが臭いをつけない最善の策です。

釣りが終わった後、体力的に余裕があるなら、釣り場で竿や道具を水洗いしてしまうのが理想的です。水道設備がない場所に行く時は、あらかじめ、大きめのペットボトルに水を入れて持っていきましょう。

洗った道具がシートの布地に触れないように注意する

洗った後も、濡れた釣り道具が車の布地部分に直接触れないよう、防水シートを使ったり、トレイやゴミ箱を使って車に積み込みます。少しでも臭い成分の残った水分が染み込んでしまうと、車に魚の臭いが染み付いてしまうので、防水シートの上に新聞紙を敷いて水分を吸収するなど工夫するといいでしょう。

靴から魚臭さがうつることも!

見落としがちなのが、靴についた臭い。魚やエサの破片がついたまま車に乗ってしまうとフロアマットに臭いがつく原因になるので、ブラシで水洗いするか、靴を履き替え、汚れた靴は袋などに入れて持ち帰るようにしましょう。

洗えない場合はとにかく密閉する

その場で水洗いせず、自宅に持ち帰ってから洗う場合は、とにかく道具を密閉することです。臭いも汚れも車内に漏れないように、ジッパー付きのケースや防水バッグなどに入れて積み、自宅に戻ったらすぐに車から降ろしましょう。

臭いがついてしまったら消臭剤でリカバリー

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

魚の臭いがつかないように、万全の予防策をとっても、完全に臭いをつけないようにするのは至難の業。荷物を降ろした翌日に車に乗り、魚の臭いを感じたら、早めの消臭対策をとりましょう。

魚用の消臭スプレー

釣具店などで販売している魚の臭いに特化した消臭スプレーを使用し、車の臭いを消していきましょう。商品によっては、調理道具にも安全に使えるものもあるので、普段からキッチンに常備しておくのもいいですね。

車載用空気清浄器

それなりに初期費用はかかりますが、車載用空気清浄器なら、臭いの種類を問わず車内空間をクリアに保つことができます。花粉やホコリもケアできるのでアレルギー体質の方にもおすすめです。

車用消臭剤 ファブリーズの車のエアコン用イージークリップ

空間に漂う臭いの消臭なら、エアコンにカンタン設置できるファブリーズの車用消臭剤がおすすめです。手軽でコンパクトな設計ながら、消臭効果はファブリーズ独自の確かなもの。臭いを香りでごまかさず、車内に漂う臭い分子をしっかり消臭してから、ほのかな香りが広がります。

また、つまみで香りの強さを調節できるので、臭いが気になる時は強めに合わせ、臭いが消えてきたら弱めにするなど、状況に合わせて設定することが可能です。

釣りを楽しんだ後は、しっかり道具をケアすることが車内環境を守る大きなポイントです。臭いの元を断ったら、ファブリーズのエアコン用イージークリップでさわやかな香りを車内に満たしましょう。