ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
書斎やスタジオ、シアタールーム・・・夢が広がる地下室ライフ
出典 : icealien/Shutterstock.com

書斎やスタジオ、シアタールーム・・・夢が広がる地下室ライフ

海外ではそう珍しくない地下室付きの住宅。日本ではあまり一般的ではありませんでしたが、規制の変更や情勢不安等により、地下室建設が注目を集めています。地下室の有効な活用法や快適に過ごすポイントとは?

  • 創文舎 hamo

費用、規制・・・国内の地下室事情

費用、規制・・・国内の地下室事情

Serhii Krot/Shutterstock.com

海外の映画などを見ていると、頻繁に見かける一般家庭の地下室。海外ではあんなに浸透しているのに、なぜ日本国内ではあまり目にしないのでしょうか。それは、建築に関する法規制に理由があります。

日本では、所有する土地に対して、建築できる家屋の面積や容積を定めるために、建蔽率や容積率というものが定められています。これまでは、建蔽率や容積率に「地下室」も含まれており、建築費用がかさみ、日が当たらない地下に部屋を作るよりは、地上に部屋を少しでも広く作ろうという理由で、今まで地下室はあまり普及せずにきました。しかし、近年になって、地下室が建蔽率や容積率から除外されるようになったため、今、あらためて「地下室」が注目されはじめています。

とはいっても、地下室はカンタンには作れないもの。既存の建物に追加リフォームという形で地下室を増築することはとても難しく、新築工事の時点で新たに地下室を設置するか、庭などの空いている土地に新たに地下室を建築するかのどちらかになります。

工事費用は、事前の地質調査に20~30万円、一般的な建築費用に坪単価60~100万円。7坪ほどの地下室を作るのには、500~700万円ほどかかる計算になります。あくまでも目安ですが、けっして手軽なものではありません。
しかしながら、地下室には地上の空間にはない魅力的なメリットも存在します。同時にあるデメリットと比較しながら、新築や建て替えをする際には、地下室建築を視野に入れるのもいいかもしれません。

地下室のメリット・デメリット

地下室のメリット・デメリット

ra2studio/Shutterstock.com

地上の部屋とは異なる環境の地下室。左右を土壌に囲まれているが故の、メリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・防音性・遮音性が高い
・限られた土地のスペースを有効活用できる
・安定した温度環境
・人目を気にしないプライベート空間
・有事の避難スペース

デメリット

・湿気が多く結露しやすい
・日当たりがなく暗い
・高額な建築費用

比較すると以上のようなメリットとデメリットがあります。しかし、結露の問題は、除湿機や結露しづらい建材の導入、さらに予算が許すなら、地上と地下を繋ぐ吹き抜け状のドライエリアを建設すれば解決できます。ドライエリアができれば、日当たりの問題もなくなります。デメリットは予算さえあれば、ほとんどがクリア可能な要件なのです。

地下室の活用法あれこれ

地下室の活用法あれこれ

alabn/Shutterstock.com

多彩なメリットがありますが、どのような使い方をしたらいいのでしょうか。夢が広がる地下室の活用方法をいくつかご紹介します。

書斎・趣味の部屋

土の中に埋まっている地下室は、驚くほど静か。地上の部屋ではどうしても気になる隣の部屋の物音も一切聞こえません。静かな部屋で、趣味や読書、仕事に打ち込める時間はかけがえのないものです。

スタジオやシアタールーム

抜群の防音性を活かし、大音量での映画鑑賞や楽器の演奏、どんな激しく動き回っても響かないダンススタジオやプライベートジムなど趣味を存分に楽しめます。

スパやサウナ、浴室

外国の地下室に時折設置されている、サウナやスパ。地下の静かな環境の中でゆっくりリラックスタイムを過ごすのは至極の贅沢です。

収納庫

広々としたスペースと安定した温度環境を活かし、収納スペースとして活用できます。とくに、長時間寝かせる必要のあるワインや、普段使わない季節もの、災害時の備蓄用品などをしまっておくのには最適です。

シェルター

自然災害や有事に備えてのシェルターがあるというだけで、かなり心強い支えになります。しばらくの間、シェルター内で生活できる環境を整えておけばとても安心です。普段は、セカンドリビングや子どもの遊び場などに開放しておくのもいいですね。

地下空間を快適にする置き型消臭剤

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

地下室の使い方は、じつに多彩。隠れ家のような特別な空間は、使い方を考えるだけでもワクワクさせるロマンがあります。
しかし、実際に地下室をもち、使うという段階になった時、快適に過ごすためにはさまざまな工夫も必要です。

除湿や暖房、冷気の遮断など、建設時に多くのことに対応する必要がありますが、建てた後、地下という特性上換気がしづらいため、臭いが気になるという場合もあるかもしれません。

そんな時、便利なのがファブリーズのお部屋用置き型消臭剤です。臭いの種類を選ばず、空間に漂う臭い分子に働きかけ、独自開発の臭いキャッチゼリーが化学的に臭いを中和して、臭いの元からシャットアウトします。また、自然界に存在する「森林フィトン」と同じ構造の成分を含んでおり、カビの元に作用することでカビが増殖しづらい環境をつくります。

さわやかな香りやナチュラルな香りなど4種類の香りから選ぶことができ、香りが気になる方には、消臭だけを実感できる無臭タイプもあります。

夢が広がる地下室のある暮らし。アイデア次第でどんな空間にでもなりそうですね。憧れの地下室を持ったなら、快適に過ごせる環境をつくって、人生を豊かにする時間と場所を楽しみましょう。