ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
家の間取りに+α。グルニエという特別な空間
出典 : elroyspelbos/Shutterstock.com

家の間取りに+α。グルニエという特別な空間

天井と屋根の間を生かしたグルニエは、収納スペースや小部屋など、間取りで足りなかった「あと少し」の居住空間を補完するのに最適な場所。特性や用途を知って、快適な屋根裏部屋ライフを楽しみましょう。

  • 創文舎 hamo

グルニエとロフト、どこが違うの?

グルニエとロフト、どこが違うの?

Jason Finn/Shutterstock.com

グルニエとは、フランス語で「屋根裏部屋」の意味。天井と屋根の間にできるスペースを有効利用できるグルニエは、狭小住宅が多い日本の住宅事情にとっては、ありがたい場所。収納スペースや書斎、子ども部屋などさまざまな形で活用されています。

同じようなスペースに「ロフト」もありますが、いったいどこが違うのでしょうか。
部屋の上部の空間を使うという点ではどちらも同じですが、決定的な違いはうえに上るためのハシゴの設置方法にあります。

ロフトは、固定式の階段やハシゴなど、とくに規定はありませんが、グルニエは、取り外しや折り畳みのできるハシゴに限られています。ロフトもグルニエも建築基準法では、「小屋裏物置等」と位置付けられており、収納スペースという枠組みで考えられています。ですから、面積も階下の2分の1以下、高さも1.4m以下という制限があるのです。

さらに、細かな違いをいうと、ロフトは部屋の一部を区切ってスペースを作る開放感のある空間であるのに対し、グルニエは、天井と屋根の間にできた、部屋とは隔絶されたスペースを使うという違いがあります。ロフトは部屋の延長上にあるスペースという雰囲気ですが、グルニエは隠れ家のようなスペースという表現がぴったりかもしれません。

収納スペースとしてのグルニエ

収納スペースとしてのグルニエ

ChiccoDodiFC/Shutterstock.com

グルニエは階下からは見えないスペースのため、収納スペースとして最適な場所です。しかし、けっして出し入れがしやすい場所といえないので、季節ごとに使う、クリスマスツリーや雛人形など、一旦しまったらしばらく出さないようなものを収納するのに適しています。

収納ボックスや棚などを活用すると、細かいものも収納しやすくなります。子どもが描いた絵や作品、本や季節のスポーツ用品などの収納に役立ちます。ただ、注意しなくてはならないのは、暑い季節には、湿度や温度が上がり、窓などがついていない場合は換気ができないので、温度や湿気に弱いものは避けるようにしましょう。

隠れ家としてのグルニエ

隠れ家としてのグルニエ

bezikus/Shutterstock.com

他のスペースからは見えない、隠れ家的な場所というのがグルニエの特徴です。おもちゃやお絵かき道具、小さなテントなどを置いておけば子どもたちの隠れ家に。好きな本やパソコン、クッションや小さなテーブルを持ち込めば、パパの書斎ペースになります。

昔の子どもたちが、好んで押し入れに入って遊んだような感覚がグルニエにはあります。あまり居心地が良すぎると入り浸ってしまうかもしれませんが、家族で仲良く「秘密の場所」を共有できると、家での過ごし方の幅が広がりそうですね。

グルニエのメリット・デメリット

グルニエのメリット・デメリット

Arturs Budkevics/Shutterstock.com

グルニエのメリットは、言わずもがな、スペースの有効活用です。収納スペースとしても小部屋としても利用価値は高く、家の間取りによって不足しているスペースを補うのに最適な場所です。うえに上る梯子を取り外せたり、収納できるタイプのため、ロフトと比較してもスペースを占有しないので、階下のスペースも無駄なく広々と使えます。

また、グルニエは、他の居室と異なり、屋根に沿った形状である場合がほとんどです。勾配のある屋根の場合、端に行くほど低くなるような三角形の形状になっており、他の部屋とは一味違う部屋作りが楽しめます。狭い空間は、大人にとってはどう利用するか思案するところではありますが、子どもならば自由な発想で楽しく使いこなしてくれるでしょう。

デメリットは、密閉空間ならではの暑さと湿度です。小部屋として使用する予定であるなら、設計段階で、換気や断熱について考えておく必要があります。湿度が高くなる時期は、除湿剤を用いるなどして調節すれば、収納という点では、ほぼ問題ないでしょう。

置き型消臭剤でさわやかな空間に

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

空気がこもりやすいグルニエでは、臭いもこもりやすい傾向があります。暑い空気が上に上がってくるように、臭いも、また上に集まります。集まった臭いは逃げ場を失い、グルニエの中に溜まっていきます。

換気システムや窓をつけている場合は、臭いを逃がすことができますが、そうでない場合は臭いはたまったまま、グルニエの中にある布や天井、壁に蓄積していってしまいます。

それを防ぐのに最適なのが、ファブリーズのお部屋用置き型消臭剤です。ケースの中にたっぷり詰まった独自開発の「臭いキャッチゼリー」は、空気中に漂うあらゆる種類の臭い分子に化学的にアプローチし、臭いの元を中和して臭いそのものを消し去ります。

さらに、自然界にある森林フィトンと同じ構造の成分が含まれており、空気を浄化する効果も期待できます。空気がこもりやすいグルニエにはとてもうれしい機能ですね。

大人も子ども楽しめる、秘密基地のようなグルニエ。せっかく楽しむなら、イヤな臭いのしない快適な空間がいいですね。ファブリーズの置き型消臭剤を使って、心地よいさわやかな隠れ家を作りましょう。