ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
除湿と臭いケアが必須! 湿気が溜まりやすいウォークインクローゼット
出典 : Photographee.eu/Shutterstock.com

除湿と臭いケアが必須! 湿気が溜まりやすいウォークインクローゼット

大容量の収納力が魅力のウォークインクローゼット。間取りの都合上、部屋の隅に作られることが多いため、湿気が溜まりやすいのが悩みの種。大切な衣類に嫌な臭いやカビをつけないよう工夫が必要です。

  • 創文舎 hamo

ウォークインクローゼットは湿気が溜まりやすい

カビが発生しやすいウォークインクローゼット

Andrey_Popov/Shutterstock.com

空気のとおり道がないウォークインクローゼットは要注意

乾燥している季節はあまり気になりませんが、気温が上がり湿度が高くなってくると気になり始めるのが、ジメッとしたウォークインクローゼットの中。人の往来が少ないため、湿度の高い季節になると湿気が溜まりやすくなります。

家の設計段階で吸排気の計画がなされ、ウォークインクローゼットもその経路に入っていれば、湿気は溜まりづらい仕組みになっているはずですが、建物によっては、排気ではなく吸気口がクローゼット内についていたり、まったく空気のとおり場所になっていない場合もあるので、湿気が気になったら、まずは家の中の空気が通る経路を確認してみることをおすすめします。

ウォークインクローゼットは、時折窓がある設計のものもありますが、たいていの場合、部屋の隅の日当たりがよくないスペースに作られることが多いかと思います。そのような場所にあり、空気が通りにくい設計の場合、湿気はクローゼットの中に溜まり続け、やがては、置いてある服に影響が出てしまいます。

湿気を放置するとカビの原因に

カビは、湿度が高く、ある程度の温度がある場所を好みます。ウォークインクローゼットがカビの温床にならないように、クローゼット内の湿度管理をはじめましょう。

ウォークインクローゼットの効果的な換気の仕方

ウォークインクローゼットの効果的な換気の仕方

ben Bryant/Shutterstock.com

窓を開けて換気をする

空気が停滞しやすいウォークインクローゼットは、定期的な空気の入れ替えが必要です。窓がついているクローゼットは、窓を開けて換気し、窓がついていない場合は、ウォークインクローゼットを開け放ち、隣接する部屋の一番近い窓を開け、クローゼット内に空気を送り込むようにしましょう。

窓がない場合は扇風機やサーキュレーターで空気の通り道を

近くに窓がなかったり、空気が入りくい場所の場合は、ウォークインクローゼットに向けて扇風機をつけ、強制的に空気のとおり道をつくる方法もあります。
花粉のシーズンや、隣近所の騒音などが気になる場合も扇風機方式がおすすめです。

クローゼット内の除湿対策でカビを予防する

クローゼット内の除湿対策でカビを予防する

Yoyochow23/Shutterstock.com

換気に加えて対策しおきたいのが、除湿。換気にも除湿の効果はありますが、毎日行うのもたいへんですし、湿気の多い季節はそれだけでは不十分です。
ウォークインクローゼットを効果的に除湿するには、どのような方法があるのでしょうか。

除湿剤

スーパーやドラッグストアで手に入る、安価で手軽な除湿剤。近頃では、中に水が溜まるタンクタイプのほか、クローゼットに吊るして使えるタイプや、引き出しに入れるシートタイプなど水分をゲル状にして除湿する除湿剤の種類も増えています。
ウォークインクローゼットは、普通のクローゼットやタンスよりも面積が広いため、できるだけ大容量のものを選ぶのがポイント。水分は空気より重く、下の方に溜まる性質があるので、床面に置けるタイプのものがよいでしょう。いくつかのタイプを組み合わせて使うのもいいですね。

重曹

エコな掃除グッズとして有名な重曹。じつは、除湿効果があり、とくに、狭い空間の除湿に向いています。素焼きの鉢やガラス瓶など好きな入れ物に適量入れ、ガーゼや不織布などでフタをして口を麻ひもなどで縛っておくと、お洒落な手作り除湿剤になります。水を吸収すると粉が固まってくるので、固まった部分は掃除に使い、新しい重曹を補充して使いましょう。

多孔構造の炭は調湿効果を持っており、湿度の高い場所では湿気を吸い、低い場所では水分を放出します。6畳あたり2kgほどの炭が必要といわれているので、3畳ほどのウォークインクローゼットでは1kg程度が目安になります。ちょっと量が多い気はしますが、水分を吸収した後は、天日干しすれば復活するという利点もあるので、エコ派の人にはおすすめです。

新聞紙

一枚一枚くしゃくしゃに丸めて床に置いておくと除湿効果があり、手軽でカンタンですが、ビジュアル的にちょっと気になります。何枚か重ねて衣装ケースの下に敷いておき、衣替えの度に取り換えるようにすると、補助的な除湿として活躍してくれそうです。

除湿機

初期費用は掛かりますが、もっとも確実で即効性がある方法です。水を溜めっ放しにしておくと、イヤな臭いの原因になるので、最低でも1日に1回は水を捨てるようしましょう。

クローゼット直行禁止! 衣類をしまう前にまずチェック

クローゼット直行禁止! 衣類をしまう前にまずチェック

ViDi Studio /Shutterstock.com

そして、意外な原因の一つが、着終わった後の衣服です。コートやジャケット、スーツなどは1回着ただけでは洗わないことが多く、着た後そのままクローゼットに掛けがちですが、一度着た衣類は、汗や外の湿気など水分を含んでいることが多く、そのままクローゼットに掛けるとカビの原因になることがあります。

袖を通した衣類は、必ず一度陰干しし、水分を飛ばしてからウォークインクローゼットにしまうようにしましょう。

臭いを抑制する置き型消臭剤

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

空気の流れが滞りやすいウォークインクローゼットは、湿気だけでなく臭いも溜まりやすい場所。湿気対策を行うのと同時に消臭対策をしておくこともお忘れなく。

クローゼットの中の臭いを消臭するなら、置いておくだけで優れた消臭効果を発揮する、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤がおすすめです。

独自開発の臭いキャッチゼリーが、クローゼット内に浮遊している臭い分子を捕まえ、中和することで臭い自体を消し去ります。また、自然界に存在する、浄化作用を持った「森林フィトン」と同じ成分を配合しており、カビの元にも直接働きかけ、カビが発生しづらいきれいな空気を保ちます。

湿気対策と消臭対策を行っておけば、ウォークインクローゼットで保管している大切な衣類も心配ありませんね。ファブリーズの置き型消臭剤には無臭タイプもあります。洋服への香り移りが心配な場合は無臭タイプをどうぞ。