ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
じつは、カビだらけかも! お風呂の換気扇掃除を教えます!
出典 : EmBaSy/Shutterstock.com

じつは、カビだらけかも! お風呂の換気扇掃除を教えます!

お風呂場の掃除はしていても、換気扇まではちょっと・・・ という人がほとんどでしょう。でも、換気扇の「掃除して!」サインに気が付いている?入浴中、ホコリが飛び散っていては快適なバスタイムが台無しに。次の休みには換気扇の掃除にチャレンジしてみよう!

  • tama

掃除して!のサインに気付いてる?

掃除して!のサインに気付いてる?

日々浴槽や床は洗っても、換気扇までは掃除できない人がほとんどなのでは。毎日掃除する必要はありませんが、まったくしないわけにもいきません。換気扇の掃除のタイミング、気付いていますか?掃除のサインに気が付かないまま放置し続けると、たいへんな事に!

風呂場の換気扇に溜まるのは、おもに、ホコリ。どんどん詰まって行くと、そのホコリが風呂場の湿気を吸収して、カビが繁殖しやすくなります。カビが溜まったまま換気扇を回すと、カビが舞ってしまうので定期的に掃除しましょう。

また、換気扇を回して変な音がするようになったら、掃除のサイン。換気扇のファンの羽にびっしり汚れが付着し、回転する際にバランスが取れなくなっているのかも。空気も吸い込めない状態になって、空回りしている可能性があります。

変な音には種類があり、金属音が激しく鳴るときは、換気扇の寿命が来ている場合もあります。通常、風呂場の換気扇は8年から10年位。築年数や改装の年数から寿命を考えてみるといいでしょう。

風呂の換気扇は羽が多いタイプ

風呂の換気扇は羽が多いタイプ

換気扇には種類がさまざまありますが、ユニットバスに付いているタイプの換気扇は羽が多く、「シロッコファン」と呼ばれているタイプがほとんどです。羽が多い分、汚れの付着も多くなります。ですが、外から見ただけでは汚れが分からないので、掃除のタイミングを逃してしまい、いつの間にかカビだらけになっている事も。

まる洗いしたいところですが、古い風呂に付いているタイプは外れない事も多くあります。寿命が来たら交換するという考えで付けられている場合もあるので、分解できるかは必ず取り扱い説明書を確認してください。

風呂の換気扇、まずは正しく分解

風呂の換気扇、まずは正しく分解

まずは、事故や感電を防ぐ為に、換気扇のスイッチとブレーカーを切ります。カビやホコリを被る可能性が高いので、必ずマスクをしましょう。換気扇の蓋である、化粧パネルは大体がバネではめ込んであるので、下に引いてはめ込み部分を外せば、パネルを取り外す事が出来ます。もし、引いても外れる様子が無ければ、ネジで止まっている可能性があるので、無理に引っ張らないようにしましょう。

まれに、化粧パネルの下にプラスチックや鉄のカバーがある場合がありますが、ほとんどがネジで固定されているので、ドライバーで外しましょう。外した化粧パネルとカバーは、水で薄めた中性洗剤を布に染み込ませて拭きます。洗剤は台所用のもので大丈夫です。その後乾いた布で拭きましょう。

次にファンを外しましょう。ファンはボルトやナット系のネジで止まっている事がほとんどです。その場合、ソケットレンチが必要です。そっと外して中性洗剤を染み込ませた布で拭きましょう。その後、乾燥した布で拭いて、外した順にはめて行きます。取り付けた後に、手で回してみて、ちゃんと回転するか確認してからスイッチを入れましょう。

ファンを取り付ける前に、換気扇のドラムを掃除する事も忘れずに。ドラムとは、ファンが付けられていた、換気扇の本体部分の事を言います。こちらも、中性洗剤を染み込ませた布で、汚れを拭き取ります。この部分は水で洗い流す事が出来ませんので、洗剤を水拭きして取り除きます。その後空拭きをして完了です。

浸け置き洗いが効果的

浸け置き洗いが効果的

頑固な汚れは、まとめて重曹に浸け置き洗いがおススメです。バケツに8割位の水と、2カップ弱の重曹を入れて溶かします。そこに外した化粧パネルやカバー、ファンをまとめて浸け込んで、そのまま一晩置きましょう。

翌日汚れが浮いているので、スポンジで軽く擦り洗いするだけでカンタンに落とすことが可能です。擦り取ったら、水で重曹を流し、しっかり乾燥させてください。タオルで水気を取り、新聞紙などに乗せ風通しのよい場所に置いておきましょう。乾いたら、外した順に取り付けて終了です。

風呂の換気扇を掃除する場合、目安は1年に3、4回。季節ごとに掃除すると忘れずに済みます。1日の汚れや疲れを癒すバスタイムをさらに、快適にするためにも、換気扇まできちんと掃除しましょう!