ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋をイメチェン! めざしたのは、憧れのカントリースタイル
出典 : Anna Andersson Fotografi/Shutterstock.com

部屋をイメチェン! めざしたのは、憧れのカントリースタイル

プロに頼まなくとも、壁紙を張り替えたり、家具をいくつか入れ替えるだけで、カントリースタイルが楽しめます。今年は部屋をイメチェンして、気分を変えてみませんか?

  • 創文舎 arisa_125

カントリースタイルにも種類がある

カントリースタイルにも種類がある

Artazum/ Shutterstock.com

カントリースタイルとは、木のぬくもりが感じられるような壁、無垢のパイン材やオーク材など、ナチュラルな素材を使った家具、コットンや麻などでつくられたカーテンやクッションカバーなど、素朴なテイストでまとめられたインテリアスタイルのこと。

自然に囲まれて暮らしているようなやさしい雰囲気がウケて、ここ数年注目を集めていますが、じつは、カントリースタイルにはいつくか種類があります。

アメリカの開拓時代を起源とする「アメリカンカントリー」は、ヨーロッパ各国からの移民が持ち寄った家具に、ネイティブアメリカンの文化が混ざり合った独自のスタイルが特徴です。パッチワークキルトなどのファブリックがアメリカンカントリーらしさを引き立てます。

一方、「ブリティッシュカントリー」は、イギリスの田舎町を思わせるスタイルのことで、家具もインテリアも格調高く、全体的にダークで落ち着いた色合いでコーディネートされています。

ブリティッシュカントリーとは打って変わって、白を基調とし、フリルや花柄などのファブリックがフェミニンな印象を与えるのが「フンチカントリー」と呼ばれるスタイルです。

最近は、白や生成り色などナチュラルな色とアンティーク調の家具にこだわった「ナチュラルカントリー」を暮らしに取り入れる人も増えているようです。

模様替えは、プロセスも楽しみたい

一気にイメチェンするのもいいですが、お気に入りのものを探したり、集めたりと、ゆっくり部屋づくりを楽しむのも模様替えのだいご味です。時間をかけて、自分好みのカントリースタイルを追求してみましょう。

模様替えは、プロセスも楽しみたい

Daria Minaeva/ Shutterstock.com

買い替えるならこの家具

新築やリフォームを考えている場合は別として、カントリースタイルにしたいからといって、今使っている家具をすべて買い替えるわけにもいきません。そんな時は、家の中のもっとも目立つ家具をいくつか新しいものに替え、それ以外はファブリックや小物でコーディネートしてみましょう。

たとえば、白木と白のツートンカラーの家具はまさにナチュラルカントリースタイル。ダイニングやリビングに、そうした家具を配置するだけでイメージが変わってきます。それに、麻やコットンなどの天然素材のラグを敷き、これまで使っていたソファに白いカバーをかければ、より理想に近づくはず。

ベースが整えば、少しずつ自分のイメージにあったものをそろえ、ゆっくり時間をかけて、思い描いたカントリースタイルをつくり上げていきましょう。カーテンやクッションカバーなどを手づくりするのも楽しいですよ。

買い替えるならこの家具

T.TATSU/ Shutterstock.com

リメイクシートを効果的に使う

家具やインテリアだけでなく、壁紙を変えるとまるでリフォームしたかのように雰囲気ががらりと変わります。100円ショップでも、木目、レンガ、タイルなど、さまざまな模様のカッティングシートが手に入るので、それを貼ればカンタンに模様替えができます。壁だけでなく、食器棚やキッチンまわりに貼って、好みのカントリースタイルをめざしましょう。100円ショップのものは、プロ仕様のものと違ってカンタンにはがせるタイプのものが多いので、貼る場所にもよりますが、失敗してもやり直しがきくほか、賃貸物件でもリメイクを楽しめます。

DIYなど、手づくりも楽しい

自分でペンキを塗ったような壁に、アンティークな家具、使い込んだ小物や雑貨など、素朴で温かな雰囲気がカントリースタイルの持ち味です。手づくりのインテリアや小物を飾ってもぴったりマッチするので、ホームセンターや100円ショップでも手に入るアイテムを使って、DIYにチャレンジしてみましょう。一番のおすすめは白木のすのこ。パーツとして組み合わせて棚をつくったり、板と組み合わせてマガジンラックをつくったりと、いろいろ利用できます。ほかにも、長方形や正方形の木箱に仕切りをつけ、取っ手がついた木箱を引き出しとして組み合わせると、アンティークな小物入れの出来上がり。腕が上がったら、難易度の高いものにチャレンジして、手づくりのカントリースタイルを楽しむのもおすすめです。

カントリースタイルを永く楽しむために・・・

お気に入りのインテリアは、きれいに使いたい

ナチュラルテイストといえば、白や生成り、パステルカラーなど、汚れが目立つ色のインテリアが中心です。食べこぼしによる汚れや汗ジミがついたファブリックは、見た目も残念ですが、臭いが残るとせっかくのカントリースタイルが台無しになってしまいます。洗い込んでくたっとした感じは、むしろ周りのテイストによく合うので、洗えるものは洗って、洗えないものは、汚れた部分のケアと消臭対策が必要です。ファブリック以外のものは、ほこりがつかないよう小まめに掃除すること。

洗いにくい布製品は、消臭スプレーでケア

カーテン、カーペット、ソファ、クッションと、ファブリック製品もカントリースタイルを演出する大切なアイテム。ただ、毎日使っていると、臭いが気になってきます。クッションカバーはともかく、それ以外の消臭には布用消臭スプレー「ファブリーズ」がおすすめです。カーテンやソファは全体に20回程度、カーペットは1畳につき20回程度、クッションには2~3回程度スプレーして、臭いが定着しないようケアしておきましょう。ナチュラルテイストが好きなあなたなら、植物由来の成分を含んだファブリーズはきっと気に入るはず。ほのかな香りの芳香タイプもおすすめです。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

カントリースタイルは、いかに雰囲気に合った小物をレイアウトするかもポイントです。おしゃれなカフェのような「見せるキッチン」にも一歩進んでチャレンジしてみてはいかがですか?