ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
片付かないイライラに。賢い洗面収納のアイデアはコレ!
出典 : NavinTar/Shutterstock.com

片付かないイライラに。賢い洗面収納のアイデアはコレ!

片付かない洗面周りについイライラしてしまいますよね。そんな時は、プチプラの商品を使って収納を工夫しましょう。すっきり片付く洗面収納の裏ワザ教えます!

  • tama

百均ショップで揃える収納グッズ

百均ショップで揃える収納グッズ

収納には、スペースを取る大きな家具を購入しなくては・・・なんて思っていませんか?そんなことはありません。プチプラでも使い方次第、百均ショップで揃う便利な収納グッズもたくさんあります。たとえば、プラスチックの歯ブラシホルダーや歯磨き粉スタンド、コップの色を統一して置くことで空間がスッキリして見えます。また、ガーデニング用品やガラスの食器など、洗面用品以外のものを使うのも、個性的なスペースを演出してくれます。

また、百均ショップにある突っ張り棒はタオルハンガーにしたり、フックを付けてコップなどを引っかけたりすることもできます。文房具のプラスチックファイルケースは濡れても平気なので、ファイルケースの高さを生かし、ヘアアイロンなどの長さのあるアイテムの収納に役立ちます。

100均ショップには、本来の用途ではなく意外な使い方ができる収納グッズがたくさんあります。イメージを膨らまして楽しみながら工夫してみましょう。

そのスペース、もったいない! デッドスペースも有効活用

そのスペース、もったいない! デッドスペースも有効活用

もう少し幅があれば、もう少し高さがあれば、そう思って諦めているスペースはありませんか?
じつは、使えないと思っているそのスペースも、有効に活用する方法があります。たとえば、洗面台の横には、10数センチの隙間がある場合があります。その隙間を活用しないなんてもったいない!

ホームセンターには、数々の隙間家具があります。10数センチの隙間があれば入る、キャスター付きの棚など便利なアイテムがたくさんあるので、隙間にあわせたものを探してみましょう。また洗面台の上に空間があれば突っ張り棒や、突っ張り形式の棚で、収納スペースとして活用する事も出来ます。

洗面台下の収納スペースが引き出し式でない場合は、上の空間がデッドスペースになってしまいがち。そんなときは、排水管の手前に突っ張り棒2本をセットすれば、上部にモノが置けるスペースに。また、左右や奥の壁3面にワイヤーネットを立てて結束バンドなどで固定、Sの字フックやワイヤーラックをひっかければ、いろいろなものを収納できます。

しまえないものは見せる収納

しまえないものは見せる収納

頻繁に使用する物をしまうと、出すのも片づけるのも面倒になります。しまわずに、見せて収納してみてはどうでしょう。たとえば、ドライヤー。ドライヤーは毎日使うものなので、フック等にかけて見せる収納をしましょう。歯ブラシや歯磨き粉、洗顔フォームなども同様です。立てるラックにアイテムの色や形を統一し、整列させればすっきりと見えます。規則性があれば整って見えるので、散らかった印象にはなりません。

またバスタオル、フェイスタオルなどのすぐに使いたいものは、ホームセンターで市販されている収納ラックに、きちんと畳むか、丸めて並べれば雑多な印象を与えずに済みます。使う頻度が高いものは、手の届きやすい場所に置くのもポイントです。

ただ、タオルをそのまま置くことに抵抗があるようなら、籠などの収納アイテムを使うのもオススメです。。温泉旅館やスパの脱衣スペースのように、統一して籠を並べることで、スタイリッシュな印象に。小さめのオシャレな籠も、百均ショップでも購入できます。

DIYで楽しく収納確保

DIYで楽しく収納確保

今はやりのDIYは得手不得手があると思いますが、ぜひ挑戦してみては?最近は簡単に本格的なDIYができるグッズも揃っていますし、ありものを使っても。たとえば、古くて使っていない脚立があれば、段に板を渡して固定すれば収納棚にヘンシン!板のサイズを伝えれば、ホームセンターでぴったりに切ってくれます。自分好みのカラーにしたり、部屋の空きスペースのサイズに合わせたりできるのも魅力ですよね。

毎日立つ洗面台だから、使い勝手よくキレイに保ちたいものです。楽しく収納を確保して、使いやすさを増せば、朝の憂鬱も吹き飛びます!