ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子連れドライブ旅行は事前準備が肝心! 押さえたい準備のツボとは
出典 : aslysun/Shutterstock.com

子連れドライブ旅行は事前準備が肝心! 押さえたい準備のツボとは

ポカポカ陽気に誘われてつい遠出したくなる春のドライブ。車で出掛ける家族旅行は快適に過ごすための事前準備が大切です。ポイントを押さえて楽しい旅行の準備を始めましょう!

  • 創文舎 hamo

子連れドライブは酔い止め対策が必須!

子連れドライブは酔い止め対策が必須!

plantic/Shutterstock.com

待ちに待った春のドライブ旅行。でも、長時間のドライブは子どもたちの「車酔い」が心配です。せっかく楽しいドライブも、具合の悪い子どもの姿を見ると、いたたまれなくなってしまいますよね。

旅行全体のプランニングをはじめ、快適にドライブできるよう、あらかじめ、いろいろと準備しておくことで、ある程度のハプニングにも臨機応変に対応できます。

まず、最初に準備が必要なのは「車酔い対策」。車酔いは、乗り物に乗っていることで起きる揺れや不規則な動きがバランスを司る三半規管を刺激し、その刺激で自律神経が乱され、様々な不調を引き起こす症状です。

直接的な原因は、車の揺れや動きにありますが、寝不足や極端な満腹や空腹、車内でのゲームや動画の鑑賞など、車酔いしやすくさせる誘因は思いのほかたくさんあります。

車内では、車酔いしやすくなる状況を避けるため、前日は早めに休ませ、腹八分目で車に乗せるようしましょう。酔いやすい子は、車に乗ったら酔い止めを服用するようにすると、精神的にも「これで酔わない」という安定感が得られ、薬の効き目とともに高い酔い止め効果を発揮します。

車内の臭いも「車酔い」の原因に!

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ(微香)

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ(微香)

三半規管への刺激が原因となり、車酔いが発生するというメカニズムをお話ししましたが、それ以外にも、もうひとつ、おもな車酔いの原因になるものがあります。それは「臭い」です。

車の中は、限られたスペースの密閉空間。臭いがこもりやすく、大人がいくらよい香りだと思っている臭いでも、子どもたちにとっては強い刺激になる場合も。
不快に感じる臭いは、脳への刺激となり、三半規管の場合と同じように自律神経を乱す原因になるといわています。

そこで気をつけたいのが、車内の臭い環境です。強い芳香剤や車内での飲食の臭い、たばこの臭いや汗の臭いなど、車の中には臭いの原因となるものがいっぱい。それら臭いが混ざり合い、あまり換気されない車内でたまり続けます。

また、良かれて思って置いた芳香剤も子どもたちにはNG。車内を酔わない環境にするなら、ファブリーズの車のエアコン用イージークリップがおすすめです。

エアコン用イージークリップは、ワンタッチでカンタン設置できる、ファブリーズ独自の消臭技術を詰め込んだコンパクトな消臭剤。エアコンから流れる空気と一緒に車内に消臭成分を広げ、気になる臭いを素早く消臭します。

本体には、香りの強さを調節するつまみがついているので、食事後などの効果を高めたい時はつまみを「強」に設定し、臭いが気にならない時は「弱」に設定するなど使い分けも可能です。

車酔いしやすい子どもには「微香タイプ」がおすすめ。強過ぎないほのかな香りが、消臭した後の車内にやさしく広がり、臭いに敏感な子どもにも安心です。

ドライブを盛り上げる雰囲気づくり

ドライブを盛り上げる雰囲気づくり

MR. Nattanon Kanchak/Shutterstock.com

酔い止め対策は万全、いざドライブへ! しかし、車が発進したのはいいけれど、渋滞にはまって運転しているパパはイライラ、ママはそんなパパを見てイライラ・・・。大人たちのピリピリムードはすぐに子どもたちに伝わり、ドライブを楽しむことはできません。

ここは、渋滞にはまることは想定して、ノロノロ運転の車内でも楽しめるような準備をしておきましょう。

出発前に、車内でラクに食べられる一口サイズのおにぎりを用意します。お腹の減った子どもたちや、運転中のパパでも手軽にサッと食べることができます。空腹を感じてからコンビニを探すことを考えると、寄り道しない分効率もよく、すぐに食べられることでストレスも軽減できます。

子どもたちは手持ち無沙汰になると、スマホのゲームやDVDなどを見たがる子もいますが、視点が1点に集中するため車酔いしやすくなることも。せっかくドライブしているのですから、たとえば、コンビニやスーパーの看板あてっこゲームや、色探しゲーム、車の車種当てゲームなど、窓の外を見て、親子で一緒にできるゲームなどをしてみてはいかがでしょうか。窓の外を見ると動体視力も鍛えられますし、何より、家族の会話が盛り上がるのが旅行の醍醐味です。

子どもに負担をかけない旅行プランとは

子どもに負担をかけない旅行プランとは

Tonographer/Shutterstock.com

道が混んでしまうのは、ある程度仕方のないことですが、できれば、スムーズにドライブできる方が、子どもたちにも負担になりません。

混雑を避けるためには、出発時間の調整がおすすめです。運転するパパやママにはちょっと大変かもしれませんが、事前に体調や睡眠時間を調整できるなら、夜中出発して朝到着や、夕食後に出発して夜中に到着、早朝寝ている間に出発など、子どもの睡眠時間中に移動すると、渋滞にもはまりにくい上、たっぷり遊ぶ時間を確保できる有意義なドライブ旅行になるのではないでしょうか。

車酔いはドライブでは切っても切り離せない問題の一つ。でも、事前にしっかり準備することで、快適なドライブを実現することができます。家族構成や子どもの年齢にあった最適なドライブプランを立てて、春のドライブを満喫しましょう!