ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
トイレが臭い&汚い時の簡単お掃除術!便器・便座やタンク、壁、床の掃除方法について

トイレが臭い&汚い時の簡単お掃除術!便器・便座やタンク、壁、床の掃除方法について

毎日使うトイレは狭い場所ですからほこりがたまりやすく、その上、肌が直接触れるため皮脂汚れもつきがちです。放っておくと、あっという間に黒ずんで汚いトイレになってしまうので、正しいトイレ掃除のやり方を覚えて、いつも気持ち良く使えるようにしましょう。

  • 渡邊公子

トイレの壁が汚い時の掃除方法

トイレの壁が汚い時の掃除方法

掃除する順番は上から下へ行うことが基本。


トイレマット、スリッパ、便座カバーを使っているなら、いったんトイレから避けておきます。
マットやスリッパも同じように汚れているので、まめに替えられないようなら、置かないというのも手です。


汚れている壁はトイレ用洗剤をつけた雑巾で拭きます。
トイレットペーパーホルダーの高さの位置ぐらいまでは、水や尿の飛び散りが多く、最低でも床からホルダーの高さまでは汚れていると思った方がよいでしょう。

トイレの便器が汚い時の掃除方法

トイレ便器の掃除のやり方

Bacho/ Shutterstock.com

便器には尿や便の飛び散りや水アカなどさまざまな汚れがついています。
準備するものはトイレ用洗剤とトイレブラシのほか、流せるトイレ用掃除シート、歯ブラシがあると便利です。

便器の内側の掃除

トイレの便器掃除


洗剤を内側に回しかけてトイレ用ブラシでこすります。
もし、水がたまるところに黒いリング状の線がついているようなら、トイレットペーパーを貼りトイレ用洗剤を吹きかけ30分ほど置きます。
その後、トイレ用ブラシでトイレットペーパーごとこするようにして洗います。


汚れがこびりついているようなら、一度に取ろうとせずに毎日、ゴシゴシとしているうちにいつの間にか意外と取れてしまうことがあります。
気長に構えることも大切です。


シャワーノズルは引き出して、台所用洗剤溶液をつけた雑巾で拭き取ります。流せるトイレ用掃除シートを使えばさらにカンタンです。


先端の細かい汚れは歯ブラシか歯間ブラシを使って奥の汚れまでを落としましょう。

便座の掃除

便座の掃除

寒い時期はカバーをつけている人も多いと思います。直接、お尻をつけるため、皮脂がつきやすく、また、裏側には特に尿や便が飛び散るため汚れの宝庫です。
さらに、凹凸している部分もしっかりと拭き取りましょう。

また、便座が取り外せるタイプなら、外して接続部分もしっかりと掃除します。細かい部分は綿棒を使うと便利ですよ。

便器の外側の掃除

便器の外側の掃除

内側だけでなく、ボディ全体も意外と汚れています。

流せるトイレ用掃除シートで全体を拭き上げ、便器と床の境目は歯ブラシなどを使って便器の周りをぐるりとこすり、汚れを落とします。

トイレタンクと手洗いが汚い時の掃除方法

トイレタンクと手洗いの掃除のやり方

plantic/ Shutterstock.com

手洗い付きのタンクにはほこりがたまり、汚れやすい部分です。


トイレ用掃除シートで拭き、蛇口は水拭きした後、乾拭きしましょう。


タンクの中はいつの間にか水アカや黒ずみができてしまいます。こういった手の届かないような場所は重曹が便利です。
タンクの中にパウダーを大さじ3ほど入れて一晩置き、翌朝、水を流せばきれいになります。


また、金属部分がさびたり、くもっていたら、水拭き後、乾拭きします。
金属磨き剤を雑巾につけて磨いた後、別の使い捨て布で乾拭きすればピカピカに。

トイレの小物も清潔に

トイレの小物も清潔に

Africa Studio/ Shutterstock.com

ペーパーホルダー

ペーパーホルダー

意外に見落としがちなのがペーパーホルダーの汚れです。ペーパーを外してふたの裏側もきれいに拭きます。
手アカやほこりが目立つようなら重曹水を吹きかけ、拭き取ります。

トイレの照明

トイレの照明もいつの間にかほこりがたまってしまう部分です。
照明を拭くと室内も明るくなるので、スイッチが切れていることを確認してから電球を外して拭き取ります。

トイレブラシ

トイレブラシ

トイレブラシの汚れが気になる時は、便器の中に重曹パウダーを溶かして、その中にトイレブラシを2、3時間ほどつけ置きしましょう。
汚れや臭いがスッキリ落ちます。

トイレの床が汚い時の掃除方法

トイレの床が汚い時の掃除方法


トイレの床は飛び散った尿、ほこり、髪の毛などで汚れています。トイレ用掃除シートで拭き上げましょう。


汚れが気になる部分にはクエン酸が効果的です。床の汚れはアルカリ性なのでクエン酸で汚れや臭いを中和することができます。


最後にクエン酸が残らないようにしっかりと乾拭きをします。

特に、尿の汚れを放置してしまうとカビや黒ずみの原因となります。トイレ用掃除シートでさっと拭く習慣をつけましょう。

まとめ

掃除を怠るとトイレはますます不衛生な場所に…。できれば、「朝入った時に掃除する」「寝る前にさっと掃除しておく」などとルールを決めて習慣化できれると理想的ですね。