ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
開けてびっくり! トイレタンクはカビだらけ?!
出典 : sabot27/Shutterstock.com

開けてびっくり! トイレタンクはカビだらけ?!

トイレ掃除はこまめにしていても、トイレタンクの掃除を習慣化している人は少ないのではないでしょうか。もしかしたら、トイレ掃除をしても取りきれない悪臭はタンクに生えたカビが原因かも。さぁ、勇気をもってタンクのフタを開けてみましょう。

  • 創文舎 hamo

衝撃?! タンクのフタにも中にもカビがビッシリ

衝撃?! タンクのフタにも中にもカビがビッシリ

Grigvovan/Shutterstock.com

毎週のようにトイレ掃除をこまめにする人でも、トイレのタンクを一度も開けたことがないというケースは結構あるようです。タンクのフタをわざわざ開けなくても、タンク用の洗浄剤を使っているから大丈夫! と安心している人もいるかと思いますが、タンク用洗浄剤が効果を発揮する範囲は、ほとんどがタンクに溜まっている水の中。水の上に露出しているタンクの内壁や部品、フタの裏についた汚れやカビはそのままなのです。

トイレタンクの中は、常に水が溜まっていて光が差さない、カビが大好きなジメジメ天国。タンク用洗浄剤を入れる際、タンクのフタを外し、裏側を見てみてください。予想以上に、黒いシミがフタの内側についているかもしれません。

そもそも、なぜトイレタンクの掃除が必要なのかというと、いくらこまめに便器を掃除していても、トイレタンクにカビや汚れが溜まっていると、トイレのイヤな臭いの元になったり、カビを含んだ水が便器に流れることで、取れにくい便器の汚れの元になってしまうから。

トイレ掃除はしているのに、なぜかイヤな臭いが消えない。便器に筋のような汚れや黒ずみがつきやすい。と感じたら、トイレタンクの掃除を試してみる価値ありです。

掃除しづらいタンク内をクリーンにする方法

掃除しづらいタンク内をクリーンにする方法

Stanislaw Mikulski/Shutterstock.com

トイレタンクを掃除するには、まずは止水栓を閉めることからはじめます。止水栓を閉めたら、タンクのフタを外します。手洗い器がついている場合は、タンクに続く給水ホースを外す場合もあるので、トイレの取扱説明書を確認してからフタを外すようにしましょう。

フタを外したら、フタの裏の掃除をしましょう。水平な場所にフタを置き、裏側についた黒カビや汚れを、スポンジに中性洗剤をつけ、擦り洗いで落としていきます。洗剤で汚れが落ちたら、タオルなどを水に濡らして洗剤を拭き取ります。タンク内を掃除している間、新聞紙の上にフタを置き乾かしておきましょう。

さて、いよいよタンク内の清掃です。タンク内の水を流す前に、水の上に露出している部品や内壁についた汚れやカビに洗剤をかけ、スポンジや歯ブラシなどを使い、やさしく擦り洗いしていきます。

カビ汚れには、本来ならば酸性洗剤や塩酸系の洗剤の方が効き目は強いのですが、中に使われている部品はゴム製のものやプラスチック製のものなど、強い洗剤を使用すると劣化の恐れがあるので、劣化に影響が少ない中性洗剤を使っていきます。

水の上の汚れが粗方取れたら、レバーを引きタンク内の水を流します。底の方まで汚れがある場合は、スポンジや歯ブラシを使い、洗剤をかけて細かい部分まで丁寧に掃除していきましょう。

全体の汚れが落ちたら、じょうろや手桶などを使い、タンクの上部から水をかけて洗剤を流していきます。水が溜まったらレバーを引いて流すようにし、洗剤や汚水がすべて流れ出たら乾かしておいたフタを戻し、止水栓を開いて掃除完了です。

普段からできるタンクのカビ予防策

普段からできるタンクのカビ予防策

aminphotoz/Shutterstock.com

知らないうちに溜まっていくタンク内の黒カビや汚れ。毎週とはいかなくても、月に1回。難しければ数カ月に1度くらいは掃除しておきたいですね。こまめに掃除するのがたいへんな場所だからこそ、できるだけカビや汚れがつかないように、予防策をとっておきたいものです。

もっとも手軽で効果があるのは、重曹1カップ程をタンクの中に入れ、半日ほど時間をおいて水で流す方法。重曹は洗浄成分のほか、消臭効果もあり、部品への影響も少ないので安心して使うことができます。寝る前に重曹をタンクに入れ、翌朝、レバーを引いて水を流せば、タンクのカンタンお掃除が完了です。月に1回くらいのペースで行うと効果があります。

放っておくと、悪臭やしつこい汚れの原因になる、トイレタンクのカビや汚れ。掃除するのがおっくうになる前に、定期的にタンクの中を覗く習慣をつけたいですね。