ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
水回りの気になる白い汚れの正体は? カルキ汚れに効く掃除法
出典 : Raumu/Shutterstock.com

水回りの気になる白い汚れの正体は? カルキ汚れに効く掃除法

グラスや水栓につく白く曇ったウロコのような模様。食器用洗剤では落ちないこの汚れの名はカルキ汚れ。何故つくの? どうやって掃除するの? カルキ掃除についての疑問にお答えします。

  • 創文舎 hamo

水道水を使うところにカルキあり

水道水を使うところにカルキあり

Ishtvan Rishko/Shutterstock.com

水回りは毎日しっかり掃除しているのに、気づけばついている白いカピカピした汚れ。もしやカビ?! と疑ってみたくもなりますが、その汚れはカビではありません、カルキ汚れです。

カルキとは、次亜塩素酸カルシウムのことで、水道水を消毒するために含まれている成分です。水に含まれている状態では見ることはできませんが、水洗いなどの後、水だけが蒸発すると白く残ることがあります。はじめのうちは、擦って落とすことも可能ですが、繰り返し蒸発を重ねカルキが堆積していくと、一筋縄では落とせないしつこい汚れに変わってしまいます。

水道水を使うキッチン周りやグラス、ポット、風呂場や洗面所の鏡、水栓などにつきやすく、普通の中性洗剤では落とせない困った汚れです。

カルキ掃除の救世主、クエン酸

カルキ掃除の救世主、クエン酸

andia/Shutterstock.com

きたない汚れとは違うものだとわかっていても、やはり気になる白いウロコ。カルキはアルカリ性の性質を持っており、いくら中性洗剤をつけて擦っても、疲れるだけで一向にきれいにはなりません。

アルカリ性の汚れを落とすのに向いているのは、酸性の洗剤です。市販されている酸性洗剤を購入するのもありですが、おすすめなのは、100円ショップでも購入できるクエン酸です。

クエン酸は、レモンなどの自然由来の成分からできていて食品添加物にも使われている素材。水200mlに対しクエン酸を小さじ1杯分溶かすと、中性洗剤ではビクともしなかったウロコ汚れが嘘のようにスルスル落ちる魔法のスプレーの完成です。

汚れ度&場所別お掃除テクニック

汚れ度&場所別お掃除テクニック

Simon Kadula Natalya/Shutterstock.com

では、実際にクエン酸を使ったお掃除方法を紹介していきましょう。一口にカルキ汚れといっても、蓄積された年月や場所によって汚れ具合も変わってくるので、取れない場合は、クエン酸の量や浸け置き時間を調節して掃除してみてくださいね。

グラスや皿、ステンレスのスプーンなど

洗いたいものが浸かる程度の水を張り、クエン酸を小さじ2~3杯程度溶かします。2~3時間クエン酸水に浸けたら、しっかり流水ですすぎ、水が残らないように乾いた布で水分を抜き取りましょう。

ポット

水を満水まで入れ、クエン酸を30~50g入れてお湯を沸かします。沸騰後、電源を切り1時間程度置き、お湯が冷めてきたら給湯口を通し液を捨てます。

シンクや水栓

汚れがひどくない場合は、アクリルたわしやスポンジなどにクエン酸スプレーを吹き付け、擦るだけでも汚れが取れます。頑固な汚れの場合は、キッチンペーパーなどにクエン酸スプレーを染み込ませ、気になる部分に貼り付けて数分パックしましょう。剥がした後、アクリルたわしやスポンジなどで擦ります。それでも取れない場合は、クエン酸スプレーした後に重曹をかけて擦り洗いを試してみましょう。クエン酸の効果に加えて重曹の摩擦効果が加われば、落としにくい化石のようなカルキ汚れも取れやすくなります。

カルキ汚れの予防と注意点

カルキ汚れの予防と注意点

FotoDuets/Shutterstock.com

クエン酸を使えばラクに落とすことができるカルキ汚れですが、はじめからつかないに越したことはありません。水道水が蒸発することでついてしまう汚れなのですから、水道水がついたらこまめに拭き取る習慣をつければ、カルキ掃除の手間がぐんと減ります。

グラスを洗ったら、布巾で水を拭き取るようにしたり、蛇口やシンク部分を一日の終わりにタオルで乾拭きしたり、お風呂も最後の人が上がる時にスクレーパーやバスタオルで水気を切るようにすれば、カルキ汚れの予防にもカビ予防にもなります。

最後に、クエン酸を使ったカルキ掃除の注意点です。クエン酸は鉄との相性が悪く、サビの原因になってしまいます。鉄製品には使わないようにし、不安な場合は目立たない場所で試し、数日経って確認してから行うようにしましょう。
そして、もう一つ。クエン酸は天然由来成分といっても酸性。塩素系漂白剤と混ざると有毒なガスが発生するので、絶対に一緒に使用しないようにしましょう。

気になっていたカルキ汚れは、クエン酸で解決できそうですね。クエン酸スプレーはひとつ作っておくと、暮らしの掃除アイテムとしてとっても便利。ぜひ、1本作っておくのがおすすめです!