ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
放置するほど厄介になる、便器の黄ばみ解消法
出典 : Mischenko83/Shutterstock.com

放置するほど厄介になる、便器の黄ばみ解消法

便器が黄ばんでいるのはわかっていても、毎日忙しく手がつけられない・・・気がつけば、汚れは黄ばみを通り越し、ガビガビ汚れに。厄介な便器の黄ばみは早めの対処が大事!

  • 創文舎 hamo

黄ばみの正体は日々溜まる尿石

黄ばみの正体は日々溜まる尿石

ra2studio/Shutterstock.com

便器の水たまりのキワやフチ裏に黄色く残るしつこい汚れ。この汚れの正体は、色からも想像がつく通り「尿」が原因です。正確にいうと、尿の中にあるカルシウムが空気中の二酸化炭素と結合して結晶化した「尿石」という物質。

尿石は、時間が経つほど硬くなり、取りづらくなる汚れ。また、表面にはたくさんの穴が空いており、汚れや雑菌が入り込みやすく、放っておくと汚ればかりか、イヤな臭いの原因にもなります。

便器の洗剤は性質で選ぶ

便器の洗剤は性質で選ぶ

Prostock-studio/Shutterstock.com

いつものトイレ掃除レベルでは落ちなくなった便器の黄ばみ。どのようにすれば、ピカピカだった白い便器を取り戻すことができるのでしょうか。

トイレ洗剤にたくさんの種類があるように、便器につく汚れにも異なった性質と種類があります。黄ばみ汚れは、尿石を主成分とする「アルカリ性」の汚れ。アルカリ性の汚れを落とすには、真逆の性質を持つ、酸性の洗剤で中和するとラクに落とすことができます。

ただし、酸性の洗剤は「混ぜるな危険」の表示がある効力の強い洗剤。使用する時は、必ず窓を開けて換気し、ゴム手袋を着用してから行いましょう。また、塩酸系や塩素系の洗剤と一緒に使うと有毒ガスが発生するので、どちらかの洗剤を使った後には、必ずよく水で流してからもう一方の洗剤を使うようにしましょう。できれば、日を変えて洗剤を使い分ける方が安心です。

洗剤+パックが基本の便器掃除

洗剤+パックが基本の便器掃除

酸性の洗剤が用意できたら、さっそく便器の掃除に取り掛かりましょう。
黄ばみが、便器の水たまりのキワにある場合は、洗剤の効果を最大限に発揮するため、予め、水を抜いておきましょう。便器に溜まった水を抜くには、紙コップ等で汲み出すか、ラバーカップで吸引すると水位が下がります。

黄ばみ部分が露出したら、酸性洗剤を黄ばんでいる部分にたっぷりと塗ります。そのままだと液だれしてくるので、トイレットペーパーでパックをするようにフタをして、30分から1時間おき、汚れに成分を吸収させます。

時間がきたら、トイレットペーパーを取り、汚れ部分をトイレブラシで擦り洗いしましょう。汚れが取り切れない場合は、もう一度浸け置きし、再度擦り洗いを試してみましょう。
汚れが取れたら、しっかりと水を流して、洗剤を洗い流します。

酸性洗剤でも黄ばみ汚れが取れない場合は、物理攻撃で除去するしかありません。耐水使用の紙やすりを使い、黄ばみ汚れを直接削り落とす方法です。確実性が高く、強力な方法ですが、便器自体に傷がつく可能性があるので、様子を見ながらおこなってください。できることなら洗剤を使った擦り洗いで汚れを落としたいものですね。

お手軽な黄ばみ予防とは

お手軽な黄ばみ予防とは

Supershine/Shutterstock.com

黄ばみ汚れは、酸性の洗剤を使うことでラクに落とせることがわかりましたが、できれば頑固な汚れになる前に、除去しておきたいですね。
一番の予防法は、毎日とはいかなくても、最低でも週に一度のトイレ掃除です。こまめにトイレ掃除を行えば、中性のトイレ洗剤や、重曹やクエン酸などの天然由来の洗剤でも十分に黄ばみを落とすことができます。

加えて、便器の中にスタンプのようにジェル状の洗剤をつける、トイレ用スタンプクリーナーや、便器に液体洗剤をかけておくだけで、擦らなくても汚れが落ちる洗剤など、汚れを防ぐ画期的な洗剤も多数販売されています。これらの便利アイテムを使いながら、定期的なトイレ掃除を習慣にすれば、頑固な黄ばみ汚れはつけずに済みそうですね。

汚れに合った性質の洗剤を使うことで、諦めかけていた汚れを落とすことも不可能ではありません。しかし、どんなに強い洗剤を使っても取れない汚れがあるのも事実。そうなる前の早めの掃除が、トイレを美しく保つ一番の秘訣です。